teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


腫瘍検査

 投稿者:紫方解石  投稿日:2017年 3月31日(金)00時46分14秒
返信・引用
  今日行ってやっと終わりました。
血液はちょっと薄いですが癌の兆しはなし。
肝臓も年相応ですがよいそうです。
12月7日から3月末まで4か月ほど検査ばかりでした。
癌をよく調べてくれたようですが、まったくきざしはなし。
よかったこれで安心してしばらく居れる。
だったら歩けないのは何か?
明日から運動です。土曜から帰郷予定。
入院がいけないのか?入院するたびに悪くなってます。
皆さんも気を付けてください。
 
 

Re: 大英自然史博物展

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 3月26日(日)21時23分29秒
返信・引用
  愛媛県人さま

ご連絡、ありがとうございます。
市之川鉱山の輝安鉱、感動的だったでしょう!
大英自然史博物館で、150年近く
鉱物の女王として君臨していた最高の標本です。
本当は、愛媛県西条市まで里帰りしてほしいのですが
それは、今のところ叶わぬ夢のようです。
せめて東京で、万人の称賛を再び浴びてもらいたいですね。
小生は、高校時代の同級生が、すでに事前チケットを買っていて
小生の現地での解説付き観覧を目論んでおられるみたいなので
その都合で、5月に見学にいく予定です。
今からワクワクしています。
ちなみに、添付の2枚の写真は
拙書「市之川鉱山物語」用に
大英博物館から送っていただいたものです。
さすがにプロの撮影した写真は神々しく見えますよね。

今後とも、よろしく御願い致します。
 

大英自然史博物展

 投稿者:愛媛県人  投稿日:2017年 3月24日(金)16時05分49秒
返信・引用
  初めてまして。
今日、東京の国立科学博物館で開催されている大英自然史博物展に行ってきました。
そこで、里帰りした日本の標本として、西条市産の立派な輝安鉱を見ました。
輝安鉱って、とっても魅力的な鉱物ですね。
 

Re:砂金のテレビ放送(NHK)

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 3月18日(土)01時06分23秒
返信・引用
  さぬきん様

申し訳ありません。
起きられませんでした。
全国放映とはスゴい快挙ですね。
また、DVDを見せてください。

ところで
インターネット エクスプローラで
「別子銅山」をキーワードに
Yahoo検索をかけると
小生の「マイントピア別子 砂金採集記」
http://userweb.shikoku.ne.jp/mineral/nikki-16.htm
が、なんと1ページ目にヒットします。(総数182,000件)
これも、NHKの放映の影響でしょうか?
メディアの力はスゴいですね。やっぱり・・

とりいそぎ、お祝いまで。
 

砂金のテレビ放送(NHK)

 投稿者:さぬきん  投稿日:2017年 3月17日(金)22時14分56秒
返信・引用 編集済
  今朝早く、NHKニュース「おはよう日本」で砂金に関する(全国)放送がありましたね。
川で砂金掘りをしている様子、砂金標本を見せている様子、砂金を使った指輪の制作の様子など盛りだくさんでしたね。
様々な角度から「きん」が好きな男性が写し出されていましたね。
5分ほど放送されましたね。公共の電波でこんなに長い時間四国の砂金について放送されたのはあまり例がないのではないでしょうか?
 

市之川鉱山の講演会のレジメ

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 3月16日(木)08時11分31秒
返信・引用
  管理人です。

先日の講演会のレジメをPDFファイルにしました。
特に解説などは付けていませんが、流れは掴めると思います。
全部のスライド枚数の半分程度です。

http://userweb.shikoku.ne.jp/mineral/kouen-2.pdf

参考になれば幸いです。
ただし、PDFの軽量化を行いましたので画像は悪いです。
ご了承ください。

とりいそぎ。
 

Re: 2017年2月 鹿森ダム周辺

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 3月15日(水)02時05分28秒
返信・引用
  結晶偏頑様

この前の講演会、ご光臨頂けなくて残念でした。
かっこ良く決めようとしたのですが、ガックリでした。
まあ、前半部分は、お写真をお送り頂いた2年前の講演と
ほぼ同じですので、問題はないのですが
後半部分は、新たな視点に立った小生独自の偏見に満ちた
市之川鉱山活用法と思っていますので、
結晶偏頑様の意見もお聞きしたかったと思います。
ぜひ、またの機会によろしくお願いします。
下の写真・・今から40年前に映画化された
小松左京の「日本沈没」の一画面・・
中央構造線を露呈しながら沈み行く日本列島が描かれています。
地元の研究論文は、中央構造線は活断層ではないように
言っていますが、本当にそれでいいのでしょうかね?
南海トラフの圧力がかかり続ければ、脆弱な断層部分から動くようにも思えるのですが・・
その真偽はともかくとして
西条市や新居浜市は中央構造線直上の都市ですから
市民も交えて、おおいに議論してほしいものです。
愛媛大学元学長の小松正幸教授も警鐘を鳴らされている有識者のひとりです。
中央構造線が動くときは、熊本地震などの比ではなく、四国は本当に壊滅するでしょう。
市之川の鉱床が貫く市之川礫岩も、まだまだ解明されているとは言いがたいのですが
何らかの断層運動に関連したものには違いないようです。
映画のような恐ろしい事態にならないことを祈るだけです。
ちなみに、左の人物は、東大教授で大学受験の神様として当時の高校生に崇められた
地球物理学者の竹内 均先生。映画にもそのままの名前で登場したのですが
このようなユニークな地球科学者の助力が求められる所です。

鹿森ダムの浚渫工事、面白い鉱物が見つかりそうですね。
また、面白い情報がありましたら、よろしくお願いします。

 

2017年2月 鹿森ダム周辺

 投稿者:結晶偏頑  投稿日:2017年 3月14日(火)20時40分14秒
返信・引用
  写真上のほうは、鹿森ダム上流砂防堰堤上の土砂を搬出している状況です。
どこか埋め立ての需要が発生したのでしょうか。?
かなり深く削り込んでいます。
こうして段々無くなってゆくのが目に見えるようです。

写真下の方は、ダム湖の湖底に向かって下りてゆく作業用通路です。
見た目には、ダンプやショベルカーが通っても強度は充分のようです。
いよいよ、湖底の土砂を運び出すのでしょうか。
 

講演会

 投稿者:結晶偏頑  投稿日:2017年 3月14日(火)20時17分51秒
返信・引用 編集済
  講演会 お疲れさま。 大変でしたね。
私は急な用事で行けませんでした。残念です。
でも翌日 参加者から携帯があってお話を聞きました。
よりによって、こんなときにとんだハプニングでしたね。

私も、勤めているときは、毎月の業務月報告会と、年1回の研究発表会がありましたが、
特に研究発表会のほうは、時間制限もあったので、ストップウォッチを片手に何回もリハーサルしました。

画像操作のほうは、アシスタントを付けることになっていたので、
原稿を渡しておいて、マークしてあるところで画像を切り替えてもらうのですが、
話しの途中で、原稿通りに喋らず、長くなったり短くなったりで、アシスタント泣かせでしたが、
聴講者は皆 部内者だったので笑ってごまかしていました。

下の写真は、遅くなりましたが、前回の講演会のものです。
早く 立ち直ってください。

 

西条市市民大学の講演会

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 3月10日(金)10時50分56秒
返信・引用
  管理人です。

さる3月5日(日)、西条市中央公民館で
西条市市民大学の卒業式に続いて
「私が市之川鉱山に学んだこと」と題して
90分の講演会をしてきました。
いや~~、参りました・・
リハーサルでは何の問題もなかったのに
パワーポイントのスクリーンへの投影がうまくいかず
最初の15分を無駄にしてしまいました。
もう焦るやら、頭の中が真っ白になるやらで混乱してしまい
言いたいことも、結構言い残してしまいました。
一番言いたかったのは

1.四国の赤石山系には多くの地質学者や鉱物学者が来山 、研究を行っているが
  そうした知見が地元に還元されていない。
2.それを還元できるような地学に特化した施設がないからだ。
3.それは、西条市の地下に存在する災害のリスクとも
  タイアップさせるべきで、そうした西条市民全てに関わる
  大きな教材として、世界一の市之川鉱山を位置づけていきたい。
4.”フォッサマグナ+ヒスイ” VS ”中央構造線+輝安鉱”
  いずれも日本を代表する地質鉱物学的に最重要な地域なのに
  一方は世界ジオパークに指定され博物館まであって、一方には何もなし・・
  本当にもったいない話です。
  その原因をみんなで考えていきましょう。
  そのためには、その道のプロの指南が必要だと思います。
  今の市之川鉱山には、それが欠けているということです。

と言いたかったのですが、完璧にトんでしまいました。
愛媛大学の皆川鉄雄先生もご来場されており
市民にご紹介する絶好のチャンスだったのですが・・申し訳なく思っています。
埼玉に帰っても、まだフラストレーションが鬱積しております。
しばらくは、立ち直れないでしょう・・・T^T

お忙しい中、ご来場いただいた多くの方々に
申し訳ない気持ちとともに
こころから感謝し、お礼申し上げます。
今後とも、ご支援のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。
 

いよいよ、あさって・・

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 3月 3日(金)16時20分35秒
返信・引用
  紫方解石様

いろいろと大変と思いますが
よく調べてもらってください。
やはり都会の大学は、検査の機械も最新式がそろっていますからね。
早く良くなってください。

結晶偏頑様

おひさしぶりです。
ご連絡、ありがとうございます。
藍晶石とソーダ雲母、その中間の産状はなかなか難しいですね。
同じようなクリーミーな色合いのときは本当に迷ってしまいます。
最終的には皆川先生の鑑定がもっとも頼りになります。
先日、「香川県の石」に指定された猫山鉱山産の珪線石の標本を入手しました。
いままでも、ここの珪線石標本は何個も持っているのですが
石英と密に混ざっているためにどこが石英で、どこが珪線石なのか
不明瞭なものばかりでした。
今回のは片麻岩上の繊維状の産状で、石英とは違うクリーミーな色合いが美しく
やはり同質異像の藍晶石と似ているんだな~、と初めて納得した次第です。
鉱物は本当に奥深いと思います。

さて
あさって、日曜日は西条市中央公民館で講演会を催します。
今、リハーサルを終わって女房の新居浜の実家に帰ってきたところです。
会場は申し分ないのですが
当日は、同じ敷地内で剣道大会があるとかで
駐車場が問題となりそうです。
早めのお越しをお願いします。

とりいそぎ、お礼まで。
 

Re・・・鹿森ダム上流続き

 投稿者:結晶偏頑  投稿日:2017年 3月 1日(水)00時17分53秒
返信・引用 編集済
  「市ノ川鉱山物語」完売おめでとうございます。
限定出版で早期完売で、世間に欠乏感を残したほうが、後々 好い印象が残るようですよ。

この前、久しぶり長文を書いていたら、なんか疲れてきて途中で筆を置いてしまいました。
同じ文章の量でも、現役の頃より3倍位 時間が掛かってしまいます。

皆 帰ってしまって、自分の処だけ灯りが点いた部屋で、
明日までに仕上げなければならない報告書を、必死で書いていた、あの頃を思い出します。
でも、時間は掛かるようになりましたが、あの頃に感じていたプレッシャーとかストレスからは解放されているので気楽です。

定年前に人間ドッグに入ってたとき、担当してくれた医師との懇談で、
「胃潰瘍の自然治癒したあとがありましたが心当たりは?」と、聞かれて「ええ、ありますあの頃です」と答えて笑ったことを思い出しました。

なんか 間延びしてしまいましたが、
この前 鹿森ダム上流で採集された鉱物を紹介したとき、いろいろ書き落としがありました。

なんといっても特筆すべきは、S・J両氏によって発見されたダンブリ石でしょうか。
私も行ったら、意識のなかにおいていますが、再発見に至っておりません。

それから白雲母、黒雲母、ソーダ雲母も、結晶が大きくて立派なものが採取されています。

下の写真、上の方はソーダ雲母です。
これはもう、てっきり藍晶石だと思って、そうラベルを付けていたものですが、
ある人がみて「これは藍晶石」とは言えないと言われてしまいました。

いつか管理人様が来宅されたとき、そのいきさつを話したら、
「これは藍晶石ですよ」、「藍晶石ですよねえ」と2人でそんな会話をした記憶があります。

それからまた、M先生が来られた時、あらためて観ていただいたら、
採集場所を聞いて、即座にソーダ雲母だと言われました。
M先生が即答されるときは、たいてい自身でも採集分析の経験があるもののようです。
でも、青い 分厚くて一見柱状の結晶は珍しいと言われておりました。

下の写真もソーダ雲母です。
写真では上手く表現できませんでしたが、青いソーダ雲母で、これは藍晶石が変化したものだそうです。
とかく、ソーダ雲母化した藍晶石は、軽くみられがちですが、青い色が残ると、また別の趣きがあると思います。










 
 

関へ行ってきました

 投稿者:紫方解石  投稿日:2017年 2月19日(日)22時29分32秒
返信・引用
  こんばんは

私は歩けないのをのぞいて至って元気です。
今日はいい天気でした。
友人にいつもイノシシ肉とか魚を貰っているので、刃物の良いのを行って買ってきました。
16日に藤田保健衛生大学病院へ行きました。来週は名古屋大学病院へ行く予定です。
またMRIかな?まだ脳腫瘍を疑われているようです。
早く治療にはいってほしいです。
 

「市之川鉱山物語」完売お礼!!

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 2月13日(月)17時20分16秒
返信・引用
  紫方解石様

まだ寒い時期ですから、暖かくして春を待ちましょう。
お元気なお姿でお会いできる日を楽しみにしております。
さて
拙書「市之川鉱山物語」が本日をもって完売したと
出版社より連絡を受けました。
これも偏に皆様の、ご支援とご助力の賜物と厚く御礼申し上げます。
資金上、今のところ増刷は考えておりませんので
今後、お求めの節はアマゾンなどの中古情報を当たっていただければ、と思います。
本当にありがとうございました。
今後は10年かけて「裏から見た別子銅山史(仮題)」を作ろうと目論んでおります。
今後とも、ご指導をよろしくお願い申し上げます。

とりいそぎ、ご報告とお礼まで。
 

無事帰宅

 投稿者:紫方解石  投稿日:2017年 2月13日(月)00時24分19秒
返信・引用
  向こうにいる間ほとんど何もできず、家に居るだけでした。
やはり寒いのはいけませんね。天候も悪かったですし。
藍晶石とりに行きたかったなあ。
 

Re: 帰ってきました。

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 2月 6日(月)23時28分8秒
返信・引用
  紫方解石様

無事、ご帰郷、おめでとうございます。
くれぐれも無理はなさいませんように・・
お会いできる日を楽しみにしております。
今、3月の講演会の原稿作成に必死です。
面白い話になりますかどうか・・

まずはお祝いまで。
 

帰ってきました。

 投稿者:紫方解石  投稿日:2017年 2月 5日(日)22時50分9秒
返信・引用
  本日16時半頃無事帰ってきました。
明日はアマチュア無線の仲間と会う予定です。
足がないので1週間畑仕事かな。
 

明日新居浜へ帰ります。

 投稿者:紫方解石  投稿日:2017年 2月 4日(土)22時59分3秒
返信・引用
  明日帰る予定です。
妻に乗せてもらいます。
一人では動けません。
 

メニューページを更新しました!

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 2月 2日(木)01時42分7秒
返信・引用
  紫方解石様

看護師さんが、やさしくてよかったですね。
大学は、医者には結構キツいですよ。羨ましいです・・(^^;

3月5日の講演会の宣伝と、「愛媛石の会会誌」の記事をupしましたので
メニューページを、少々更新しました。ぜひ、御覧ください!!

http://userweb.shikoku.ne.jp/mineral/

 

病院での感想

 投稿者:紫方解石  投稿日:2017年 1月31日(火)22時48分17秒
返信・引用
  管理人様おめでとうございます。

前回はすみませんでした。
退院してからパソコンに向かうと眠たくなって。投稿する場所を間違えてました。

入院中いろいろ親切にされて思ったのですが、看護師さんみんな優しいですね。藤田保健衛生大学病院、名大病院、今行ってる町の病院皆そうですが。藤田、名大の病院の看護師さん風呂に入るというと、いつも一人で入れるか聞いてきます。
いつも入れると断っていたのですが、入れないというと背中を流してくれそうな感じでした。

人生誤ったかな?
一人いいめしている人がいるな。

 

レンタル掲示板
/95