teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


川口新田住宅の写真 第2弾!

 投稿者:管理人  投稿日:2017年11月15日(水)23時52分20秒
返信・引用
  管理人です。

mini 様から落札の、川口新田住宅の写真の続きです。
以前の自疆舎の写真は、西を向いて写したものですが
これは、東を向いたものです。
右側が自疆舎と思われます。
左側は保育所でしょうか?おわかりのなる方、よろしくお願いします。
それにしても、懐かしいカブが停めてあります。
この大通りの行き着く先に、下側写真の大浴場がありました。
内部の様子は↓記事を見てみてください。

http://userweb.shikoku.ne.jp/mineral/yamane-e7.htm

大通りは、この写真と同じアングルだと思います。こちらは戦前の様子です。

 
 

Re: 新宮つながり

 投稿者:管理人  投稿日:2017年11月13日(月)20時24分41秒
返信・引用
  mini様

ありがとうございます。
明治32年の別子大水害を記憶する貴重な資料ですね。
「土居町史」かなにかに書いていたと思うのですが
本当は、新居浜以外の新居郡や宇摩郡の被害の方が大きかったのですが
別子の影に隠れて、未だに実態は完全に把握できていないそうです。
熊本地震や朝倉豪雨災害と同じように
当時も報道に取り上げられるところは
救援の手がすぐに差し伸べられたのですが
宇摩郡の山中などは、結構、悲惨な状態で取り残されたということです。
100年以上経った現在でも、そうした状況は変わっていないのは
嘆かわしいことです。
ところで、この資料もオークションに出品されるのでしょうか?
小生も、一応は入札したいですが、競争倍率はすごそうですね・・

昭和40年頃の新居浜の音楽事情・・
先日、昭和37年発行の「新居浜市勤労者音楽協議会機関紙 ひうち」を入手したのですが
ちょうど、ブンセンの”こけら落とし”記念号でした。
演目は・・
「プーシキン原作 アサフィエフ作曲 バレエ バフチサライの泉」
なんと・・恥ずかしながら小生は、このバレエは知りません。
あのロシア革命時の怪物演出家兼作曲家のアサフィエフが手掛けた曲目で
おまけに、当時の松山バレエ総帥の松山樹子主演ですから
これはスゴイ!の一言ですが、今なら、なにそれ、で終わってしまいそうな
難しい出し物です。
当時、これだけの文化センターは、四国でも断トツの設備で
労音をはじめとする市民運動の盛り上がりで完成したというのですから
現在の”ハコモノ”とは全く違う、地域文化の底力の象徴と思います。
本当に大したものです。
すったもんだで出来上がった、”〇か〇ねナントカ”とはレベルが違いますね。
新居浜市の市民文化の高さを物語るモニュメントですから
今後も、大切にしていってほしいものです。

では、また。
 

新宮つながり

 投稿者:mini  投稿日:2017年11月13日(月)12時31分10秒
返信・引用
  新宮と言うことで添付の画像は、別子大水害直後に別子銅山から
新宮の馬立に差出された葉書です。

鳶色の「川支延達」と言う印が押されていますが、別子~新宮馬立間の
郵便路線上の何処かの橋が大水害で破損したために、通常半日で届く
郵便が4日かかって到着しています。

「ホテル・カリフォルニア」は最高ですね。

クラシックに限ると昭和40年頃は松山、新居浜、高松の順に売れてた
はずです。母から聞いた記憶が有ります

 

Re: 金(きん)の特別授業

 投稿者:管理人  投稿日:2017年11月12日(日)21時58分30秒
返信・引用
  さぬきん様

おひさしぶりです。
新宮小中学校の特別授業、お疲れ様でした。
大変、有意義な授業でよかったですね。
金、銀、銅の立方体作成とは
かなりの力の入れようですね!
生徒にとっても、具体的な実物がある方が
インパクトも大きかったのではないかと思います。
小生なら、の話ですが
重量は同じにして、大きさを異ならせた方が
見た感じで、その違いがわかりやすいかな、とも思ったのですが
いかがでしょうか?
こうすると、アルキメデスの原理にも直結できますよね。
正直なところ、
小生も小学生の頃
本で、アルキメデスが王冠の混ぜ物を浮力で見抜く方法を
読んだのですが、その時は全く理解できませんでした。(^^;
大きさと比重の関係がわからないと、なかなか難しいです。
どうして、風呂の中でそれを発見できたのか
そちらの方が不思議でした。
いや、要らないことを書きました。
今後とも、地元の子供達に
楽しい授業をお願い致します。

とりいそぎ、お礼まで。

そうそう、お知らせですが
来る12月2日(日)に、「愛媛石の会」の巡検で
関川の鉱物採取会が開催されると案内がありました。
皆川先生のご指導ですので、出席できないのが返す返す残念です。
会員でなくてもOKとのことですので、ぜひ如何でしょうか?
「愛媛石の会」も久々に原点に戻ったようで、とても嬉しく感じています。
以下は、案内状です。

「今回は、皆川会長の案内で巡検を実施します。
会員の親交を深める良い機会ですので、お誘い合わせうえご参加下さい。
非会員も可とさせて頂きます。

日時:12月2日(土)午前10時 小雨決行
(但し、午前7時で四国中央市に大雨警報発令中の時は中止)
集合:土居町関川 河川敷テニスコート前
アリーナ土居(土居総合体育館)の北側です
採集地:関川 及び 蕪崎海岸              」

 

金(きん)の特別授業

 投稿者:さぬきん  投稿日:2017年11月11日(土)00時35分22秒
返信・引用 編集済
  11月2日、愛媛県四国中央市の新宮小中学校で「金」の特別授業の講師をしました。
特別授業の対象は、新宮小中学校の中学生(1~3年生)でした。
午前中、銅山川で砂金採り体験をしました。中学生は小さいながら全員砂金を採ることができました。
午後は、「金」の一般的な知識(用途、性質、できかた)と銅山川での砂金採りの歴史(使われた道具や採り方)の講演をしました。特別授業はトラブルなく無事に終えることができました。

この特別授業をする約半月前に、一辺が1cmの金、銀、銅の立方体を準備しました。
金の立方体は、宝飾店で制作してもらいました。顔が写るくらい磨き上げたもので、質量は、約19.3gでした。
銀の立方体は、彫金教室で先生に協力をして頂きながら自作しました。顔は写りませんが、それでも、銀独特の白い光沢があるもので、質量は、約10.4gでした。
銅の立方体は、ネットで購入しました。くすんだ色だったのでクロスで磨きました。質量は、約9.0gでした。

金、銀、銅の立方体を、銅、銀、金の順に、中学生に持ってもらいました。金属の種類による質量(密度)の違いを実感してもらいました。銀と銅ではあまり質量(密度)の違いは実感できなかったようですが、金と銀、金と銅ではかなり質量(密度)が違うことが実感できたようでした。

色々な書物に金、銀、銅の密度が書かれているので、質量(密度)の違いが大きいことは頭ではわかっているかも知れませんが、金、銀、銅の質量(密度)を一度に体験でき、しかもその質量(密度)の差を実感することはほとんどないのでは?と思います。中学生としては極めて貴重な体験が出来たのではないかと思います。
ご参考までに、金、銀、銅の立方体の写真をお送りします。
金の立方体は、K24と罫書きしてあります。
銀の立方体は、純銀と刻印しています。
銅の立方体は、刻印等はしていません。
 

Re: これは残るのか。?

 投稿者:管理人  投稿日:2017年11月 1日(水)18時51分26秒
返信・引用
  結晶偏頑様

なかなか綺麗な社宅で、上級職員用の様ですが
やはり、写真で見ると、瓦がずれてきているように思います。
木造住宅は、こうなってくると、もう寿命ですね。
小生の実家も、昨年から隣に建設していた老健の地盤工事の震動で
瓦がずれ、あちこちで雨漏りが始まりました。
もう築70年の老朽建築ですので、寿命が近いようです。
この応急処理に費用がかさみ
これが「市之川鉱山物語」の2版出版を諦めた最大の理由です。
情けないことですが、仕方がないと諦観しております。
山田社宅も、外見は綺麗に見えても、
人の住まない木造住宅は痛みが非常に早いと思います。

ご存じと思いますが
有名な「東人の新居浜生活」というHPに
山田社宅の詳しい内部の説明があります。
実際に住んでおられた方の記事ですので、非常に興味深いです。

http://www2.dokidoki.ne.jp/tomura/syataku.htm

こうした古い木造住宅は、夏になるとムカデがよく出ます。
東人様のムカデ騒動も、さもありなんと頷けます。
小生の実家も、ムカデはよく出没して、その都度、女房の悲鳴が近所迷惑となっています。(^^
「ゴキブリほいほい」を仕懸けると
ゴキブリよりも、大きなムカデが何匹も捕れているのは笑えます。
女房は、笑えない!と隣で叫んでいますが・・

では、また。

 

これは残るのか。?

 投稿者:結晶偏頑  投稿日:2017年11月 1日(水)00時53分57秒
返信・引用 編集済
  山田社宅の話題ついでに。
南上部の一部、何軒かは残されるようで、屋根の漆喰が新しく塗りなおされています。

取敢えず雨漏り対策なら、最悪ブルーシートでもいい訳ですから、これから本格的に保存のための工事をするのでしょうか。
屋根だけ直しても、玄関戸に蔦が絡んでいたのでは恰好が付きませんから。

寄棟の屋根は上品で瀟洒な感じがして、黒瓦に白い漆喰が映えて美しいです。
 

新田自疆舎?

 投稿者:管理人  投稿日:2017年11月 1日(水)00時38分38秒
返信・引用
  管理人です。

mini様から入手した写真を少し、紹介していきます。
この写真の左側の建物は、川口新田社宅の自疆舎と思うのですが
如何でしょうか?
大きな楠?が印象的です。
どこにあった写真だったか、思い出せないのですが
ここの下駄箱には「脚下照顧」という木札が掲げられていました。
暗いので、足下に注意せよ、という注意書きですが
何か禅語の意味深な悟りをも感じさせ
さすが鷲尾勘解治の粋な計らいだと感心したものです。
一昨日、NHK大河ドラマの「直虎」で
山に木を植える場面で
「巌谷栽松」という臨済録の禅語が語られていました。
なんとなく、伊庭貞剛の落葉松植林を彷彿とさせる言葉です。
茶席によく掲げられる軸に使用される言葉でもありますので
貞剛も、きっと知っていたと思います。
自分の植林事業に、禅の悟りを感じていたかもしれません。
伊庭と鷲尾、禅語を通じても、何か肝胆相照らすものを感じます。
昔の経営者は、今と違って
利益以外の何かを追い求める深さを持った偉人が多かったですね。
菊本町に残っていた鷲尾の最後の自疆舎も取り壊されて、新居浜も
何か大切なものを失ってしまった感じがします。


 

Re: マルエス百貨店

 投稿者:管理人  投稿日:2017年10月29日(日)01時58分21秒
返信・引用
  mini様

「丸エス百貨店」の情報、ありがとうございます。
ダンスホールになっていたとは驚きですね。
白石レコードが、愛媛で2番目というのも
当時の新居浜の文化の高さを示しており、さすがだと思います。
「新居浜レコード」は、女房が憶えておりました。
最初に、あそこで「ホテル カリフォルニア」のレコードを買ったのだそうです。
まあ、女房が「ご存じのお客さん」ですかね?
小生が最初に新居浜に来たのは、昭和63年・・
残念ながら、昭和通りの「マルワレコード」しか記憶にありません。
小生は、当時はクラシックしか聞きませんでしたが
初めて昭和通りをぶらついて、最初に入った時に
ここで、ハチャトゥリアンの「ピアノ協奏曲」のCDを見つけたのにはビックリしました。
おまけに、ソビエト、メロディアの直輸入盤ですよ。
ここまでマニアックな曲を普通に置いてある店は、未だにお目にかかりません。
レジでオヤジさんが、「これ、いい曲だよね。」と言って渡してくれたのには、
2度ビックリしました。(^^;・・ここは、どんな町なんだ!?、が新居浜の第一印象でした。
今でこそ、普通の地方都市になり下がりましたが
当時は、さすがは住友の町という侮りがたい”格”を感じたものです。


結晶偏頑様

川口新田社宅の、詳しい情報を、ありがとうございます。
山根生協は、下の写真ですよね。
ここは、今も「コープえひめ」として健在です。
川口新田生協は、今は跡形もありません。公園の一部となっています。
山根は昭和37年発足、新田は昭和32年発足ですから
新田の方が古いのですね。写真をみても、そんな雰囲気です。
撮影された山田社宅、このあたりの鬼瓦には井桁のマークが入っており
結構、高値で取引されているようですよ。
毀す時に手に入れば、ラッキーだと思います。

では、また。
 

Re 生協

 投稿者:結晶偏頑  投稿日:2017年10月29日(日)00時23分48秒
返信・引用 編集済
  生協でしたか。
周辺の景観が今一つ記憶と繋がらないのでちょっと分りませんが、あのあたりは鉱山社宅が沢山有ったのでそうかもしれませんね。
小学校のころ、毎年春 種子川山へ茶摘みに行っていましたが、私が記憶している生協は、下部鉄道山根駅の西隣にあって、
通りを隔てて、別子病院の玄関と向き合って、立派な建物だったように思いますが、遠い昔のことで確信はありませんが。・・・

でも、ここで買い物をして、山根大通りを通って、新田橋を渡り、新田社宅の中を通って、種子川山まで行っていました。
遊びを兼ねていましたが、家族は一年分の茶葉を採ろうと一所懸命でしたが、
私はすぐに飽きてしまい、遊んでばかりで、帰り道で路傍に馬車から零れた滑石を拾うのが唯一楽しみでした。

写真の建物ですが、周囲のガードレールや交通標識、電柱などが新しくて、画面奥のミニバイクのデザインとヘルメットを着用しているのが昭和後期以降を感じます。
それに比べてみると、建物は如何にも古くて、なにか撮影者の撮って残しておきたいという意思を感じます。

腰板が横打なのは、最近の一般の居住宅にはあまりありませんし、電灯の傘も、あれはホウロウ製で、高価ですが、長持ちして昔の街灯によく使われていました。
一般の住宅から、公共の道路に照明を掲げるということはありませんので、やっぱり商店などのサービス業の建物でしょうか。

窓を広くして、透明ガラスなのは、生協や商店なら、通りからあえて中を見せる意図があって合点がいきます。
また、白いカーテンを曳いているのは、昔の商店などで、本日は閉店しましたの合図で申し合わせたように白でした。

なにか古い昭和を感じますが、この建物は現存しているのでしょうか。?

下の写真は、山田社宅の星越トンネル近くにあった最後の一軒でした。
通るたびに、段々下の方から解体されているので、これももうそろそろという感じでしたので撮影しました。
「峠の我が家」で、孤高という風情でしたが、これとて撮影の翌年にあえなく解体されました。

また、撮影した意図は瓦がとても変わっていたからです。
これは スレート瓦で、いかにも安物のペラペラというもので、他が立派な黒い和瓦なのにここだけどうしてでしょうか。?
住友といえども苦しい時期があったのでしょうか。?







 

マルエス百貨店

 投稿者:mini  投稿日:2017年10月28日(土)15時41分10秒
返信・引用
  マルエス百貨店は何回も行った記憶が有ります。同級生のお父さんが乾物屋を

最後まで出店していましたし、3階が住居でした。

2階から3階への階段が選択物干場になっていました。


昭和45年頃は1階全体が、お立ち台有りの「ゴーゴーダンス場」として

一世風靡しました・・・短期間だけどかなりな賑いでしたよ。


友達の超絶不美人な妹が高額のバイト代でダンサーしてましたが、拝見

しないままでしたし友達も嘆いてました。


「白石レコード店」さんは愛媛県では2番目に古いレコード店です。


★添付の画像は太鼓台がメインでなくて、家人が昭和25年~55年まで大丸前で

経営してたレコード店がメインです・・・御存知の、お客さん居ますか?

★H.Nは3ケ使って出品しています、多い時は週に3回出品してました。
 

Re: 処分中です。

 投稿者:管理人  投稿日:2017年10月28日(土)10時22分27秒
返信・引用
  mini様

こちらこそ、ありがとうございました。
こうした写真は、有るようでない代物ですので
とても、貴重です。
別子銅山関係は、今後とも収集していきたいと思っていますので
どうか、よろしく御願い致します。
最近は競争倍率が高いので、落札できないことが多いと思いますが・・(^^;

珍しい写真を、ありがとうございます。
上は、別子大丸前から東を望んだ所で
左の大通りが昭和通り、右が敷島通りですね。
中央の建物は、確か今も残っていますよね。
確か、元々は精肉店でしたが
大丸がなくなる頃は、衣料品店になっていました。

下写真は、昭和通り北側の本町商店街・・
右側のコンクリート造りの建物は、「丸エス百貨店」と思われます。
同じ所から、東を望んだ写真が
https://niihama.mypl.net/mp/photo_niihama/?sid=53979
にありましたので、御覧ください。
「丸にS」印の丸エスデパートのシンボルが見えています。
隣は、ビクターとあり、同じ系列のレコード店のようですが
創業者の「白石・・」の字と同じシンボルマークが、辛うじて読み取れます。
戦前は、新居浜唯一のデパートだったようで
「躍進 新居浜」にその広告がありましたので、添付しておきます。
確か、北辰社も、この近所だったですよね?
懐かしんでいただければ幸いです。

追:ところで、HNを「mini」様に変更されたのですか?
  前は、お飼いになっていたネコのお名前だったですよね?・・


 

処分中です。

 投稿者:mini  投稿日:2017年10月28日(土)08時45分31秒
返信・引用
  先日は、有難うございました。


2年ほど収集品の処分に頑張っています。


写真の件ですが、不明です。すみません

添付の絵葉書は昭和15年頃と30年頃と思います。
 

生協?

 投稿者:管理人  投稿日:2017年10月27日(金)17時54分26秒
返信・引用
  紫方解石様

「生協」ですか?
確かに、川口新田住宅入り口の、一番、便利なところにありますね。
近くの山根は、「コープえひめ」として、今も健在ですが、
こちらは、山根運動公園の敷地の一部になってしまっています。
入り口のガラス戸といい、当時の懐かしい雰囲気を醸し出しており、いい感じです。
ありがとうございます!

下写真は、「新居浜市広瀬歴史記念館」発行の
「別子銅山が育んだ社宅街」の表紙の写真の一部です。
山田社宅の星越駅と交番が、辛うじて写っています。
交番の横には、これも懐かしい形の公衆電話が設置されているようです。
山田社宅は、住友の正規社員で転勤族が多かったので
当時の写真は、ほとんど残っていないと聞いています。
どうにかして、今のうちに収集しておきたいものです。
「市之川鉱山物語」でお世話になった
住友別子鉱業所の鉱山技師さんの内田欽介氏は
端出場近くの打除社宅に住んでおられたことがあり
その当時の写真を拝見させていただきました。
鹿森の写真は多いのですが、高級社員用の打除社宅のものは少なく
貴重ではないかと思います。
打除社宅の建物は、旧別子の小足谷の上前住宅を移築したものだそうです。
おそらく、いい材料を使っていたのでしょうね。
今は山林になって、何も残っていません。
これも、時の流れですね。

では、また。
 

セイキョウ?

 投稿者:紫方解石  投稿日:2017年10月27日(金)06時05分35秒
返信・引用
  うまく打てません?  

Re: Re 交番

 投稿者:管理人  投稿日:2017年10月25日(水)02時33分33秒
返信・引用
  結晶偏頑様

お久しぶりです。
詳細な情報を、ありがとうございます。
末岡啓吾先生によると、全国的にも珍しい交番だったそうで
どうしようもなかったとはいえ、とても残念なことです。
交番の象徴である、赤い丸い電球も見ることはなくなりました。
昭和も遠くなりにけり、ですね。
もう、山田住宅も数少なくなってしまって
消滅してしまうのは、時間の問題ですね。
「山村研究会」で、実際に中に入ったのは
わずか一回だけでしたが、今も鮮明に脳裏に焼き付いています。
立派な建物だけを残すのもいいですが
本当は、一般の鉱員住宅の方が産業遺産としては、貴重と思っているのですが・・・

ところで、下の写真
この前、オークションで手に入れたのですが
川口新田住宅の入り口の建物と思うのですが、
これは、何の建物でしょうか?
電灯が付いているようですが、交番ではなさそうです。
配給所などのお店なのでしょうか?
おわかりなら、ぜひご教示ください!
よろしくお願いします。

 

Re 交番

 投稿者:結晶偏頑  投稿日:2017年10月25日(水)00時35分11秒
返信・引用
  私も撮影していました。
白壁の剥がれ具合から見れば私の方は数年後かもしれません。
この裏側、柳通に面したほうには散髪屋があり、また、その裏通り側は食料雑貨の店だったと記憶しています。
この撮影の数年後に解体されました。

小学校が近くだったので、写生の時間では、このあたりで小半日を過ごす時もありました。
また、山田社宅の各家には必ず桜の木が一本あり、満開の時は学校の二階からも、桜の絨緞を敷き詰めたような風景が見えました。

玄関前の赤いランプは、基部に三本のネジ留め金具が残っていたので、とても懐かしく思いました。
私の実家にも同じものがあって、ガラス製の傘がかかっていて、物が当たって割れることがあり、
母から直すように言われて、ガラスが割れないように、バランスを考えながら、三本のネジを丁寧に締めていったのを記憶しています。

というのも、電球は点灯中は相当 高温になるので、屋外では、雨などが当たるとそれだけで割れることがあったので、
必ず傘か火屋がかかっていました。

この部分を眺めているだけで、プラスチックが無かった、昭和のレトロな時代に曳き込まれてしまいます。







 

星越山田住宅の交番・・

 投稿者:管理人  投稿日:2017年10月20日(金)01時27分54秒
返信・引用
  管理人です。

先日、たまたま
星越山田住宅の交番が、取り壊されたことを知りました。

https://www.city.niihama.lg.jp/uploaded/attachment/18815.pdf#search=%27%E5%B1%B1%E7%94%B0%E4%BD%8F%E5%AE%85+%E6%96%B0%E5%B1%85%E6%B5%9C+%E4%BF%9D%E5%AD%98+%EF%BC%B0%EF%BC%A4%EF%BC%A6%27

旧住友別子病院本館の撤去に続き
時代とは言え、寂しいことです。
星越駅舎は、色も塗り替えられて保存されるようですが
後の社宅群は、もう消滅寸前のようです。
元々、いい材を使用している訳でもなく
人の住まなくなった木造の建物は、特に痛みが激しいので
保存は、もはや不可能でしょう。
時代とは言え、本当に寂しいことです。

↓写真は、2010年に撮影した駅前の交番です。
赤い電球が、何とも言えない郷愁を誘います。
これだけでも、撮っておいて本当によかったと思います。
旧住友別子病院本館もそうですが
せめて、最後の日に内部を公開して
撮影会などの「お別れの会」を開いてほしかったと悔やみます。
だれも知らない間に毀されるなんて・・
他の産業遺跡に見られる住民の思いとは、余りにもかけ離れています。

 

いやあ~、それほどでも・・

 投稿者:管理人  投稿日:2017年10月16日(月)01時07分58秒
返信・引用
  ta-ota様

「顔がメチャクチャにやけていますよ。」は
「顔がメチャクチャに、やけてますよ。」ではなく、「顔がメチャクチャ、にやけてますよ。」
だったのですね。
最近、どうも、理解力低下というか、注意力が散漫になり
そろそろ認知が始まっているのかもしれません。(^^;
歳はとりたくないものです。

そうですかねえ。ヤッパリにやけていますか?!
「嬉しくない」と言ったらウソになりますが
「大賞」「部門賞」の次ですから、些かの悔しさもあります。
テーマは「大賞」に十分値すると思うのですが、ヤッパリ文才がねえ・・・
これだけはどうにもなりません。昔から自分の文章を読むのが一番キラいです。
まあ、めげずに頑張っていきますので、今後ともよろしくお願いします。

 

Re: (無題)

 投稿者:管理人  投稿日:2017年10月11日(水)22時39分36秒
返信・引用
  ta-ota 様

ありがとうございます。
最近は余り山にも出かけていないので
顔は焼けていないはずですが・・、ライトの加減では? (^^;

飯田線と鉱山の関係も面白そうですね。
↓のようなHPを見つけました。

http://tsushima-keibendo.a.la9.jp/JNR-iida/JNR-iida5.html

別子銅山でも、こういう写真が多く見つかれば楽しいのですが・・
市民の間に埋もれている写真資料や鉱石を
もっと探す努力をしてほしいものです。
はやくしないと、それも出来なくなってしまいます。
来年1月発行予定の「愛媛石の会会誌」に
「続・別子銅山自然銅の記」を投稿しました。
今までないと言われてきた自然銅も
その気でさがせば見つかるのだ、ということを訴えたかったのです。
また、発行されればHPで公開予定です。お楽しみに!!

では、また。
 

レンタル掲示板
/102