teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル
    
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


デジカメの倍率(2)

 投稿者:館主  投稿日:2015年 7月 6日(月)16時37分59秒
返信・引用
  ある人から「以前、あの人を写真に撮ったが、今回このデジカメでちょうど2倍の大きさに写った写真がほしいといわれたがどうすればよいか?」と相談を受けました。
その時、私は、この「2倍」というのは、「何を基準にして」と言うことがわからなかったので最初は対応を間違えました。

私の感覚としては、前の普通に映った写真より2倍の大きさに拡大した写真が欲しいんだから、前撮った写真がA7サイズで印刷してたものだったら、それを縦横2ばいのA5サイズに拡大して印刷すれば済むじゃないかと思ったわけです。(カメラのデジタルズームと同じ感覚)

でも、でもその人は「このデジカメで2倍大きく写したい」と譲りません。
で、ズームレンズの焦点距離を前の2倍のところにセットして写すか、焦点距離をそのままにして被写体の「あの人」がカメラの前に立つ位置を半分の距離にすればよいと言ったわけです。

1眼レフのカメラで、ズームボタン(リング)の目盛り(焦点距離のこと)がありましたから、以前「18」のところであったなら今回は「36」あたりにすればよいと説明しまして、1件落着となりました。
しかし、そこでは何故そうなるかという仕組みを説明しなかったので、ここで詳しく考えていきたいと思います。

普通カメラのモニターやファインダーを見ながら、最初に見た画像を基準にして、ズームボタン(リング)を操作することで2倍の大きさの画像を得るのですが、その時気付くことがあります。
それは、大きくしたい部分は確かに拡大されても、モニターやファインダーの大きさはそのまま一定の大きさですから、画像のまわりの見えなくなる(写らなくなる)部分がでてくるということです。

これが、カメラの「画角」という仕組みの中心部分の説明となります。
つまり、被写体をレンズで拡大してカメラのイメージセンサー(撮像素子・・・フィルムみたいなもの)に写すというのは、被写体の狭い一部分(顔だけとか・・)を範囲指定するということであり(画角を狭くする)、逆に被写体全体を小さく縮小し、いままでなかった周りも含めて映る範囲を広くとるというのは(広角・・画角を大きくする)カメラの写る範囲を広く指定したということになります。

ことばだけではわかりにくいので、下の図(①)をみてください。
画角は3種類(水平画角・垂直画角・対角線画角)ありますが、そのカメラの画角という
のは、一言でいえば、「そのカメラの撮影でき範囲を角度であらわしたもの」といえます。
図①の矢印がレンズとなす角でこの場合対角線画角です。

次に下の図(②)を見てください。
ズームレンズの位置をイメージセンサーから遠ざけると焦点距離が長くなり、画角が狭くなる様子がわかるでしょうか?

このことから、被写体の一部を大きくするということは、画角を小さくする、つまり焦点距離を長くするということであり、被写体を小さくし、広い範囲を撮るということは焦点距離を短くし、画角を大きくするということなんですね。

このことから、一定の距離内であって、焦点距離と被写体の大きさがわかっておれば、カメラとその被写体までの距離がわかり、焦点距離を2倍にすると、その高さが何倍に映るか等が数字を通して理解しやすくなります。
(一定距離というのはその距離以上になると無限遠としてすべてにピントが合ってしまう状態になることで、ピント(フォーカスリング)を∞(無限遠)にして、カメラにもよりますが焦点距離の2000倍以上・・焦点距離50mmなら100m以上の距離のことです。)

次回、計算の手順を図を使って説明しますので、中学で習った三角関数の復習をしておいてくださいね。
(5744)
 
 

デジカメの倍率(1)

 投稿者:館主  投稿日:2015年 6月29日(月)15時05分39秒
返信・引用
  双眼鏡は、鏡筒部分に「8×16」などと数値が書かれていますが、これは「倍率×口径」なのでこの双眼鏡は8倍の拡大率でレンズ口径は16ミリであるということがわかります。
レンズ口径が大きいほど明るく良いレンズということになります。

天体望遠鏡は、「D=80mm  f =550mm 」等とかかれています。
( f は対物レンズの焦点距離)
それに接眼レンズが大体3~5種類位(焦点距離20mm・7mm・・等)アイピースとして付け替えできるようになっています。(顕微鏡の接眼レンズに似ています)
Dは口径で、これが大きい程明るく良いレンズの望遠鏡で、適正倍率は「口径(mm)×2」といわれています。この場合「80×2」で160倍が適正ということになります。
倍率の計算は、「 対物レンズ焦点距離( f )÷接眼レンズ焦点距離」でアイピース(接眼レンズ)20mmを使えば「550÷20」で約27倍ということになり、7mmの接眼レンズと交換すれば「550÷7」で約78倍というわけです。
70倍で月の無数のクレーターや凹凸が観測できます。

本題のデジカメ(ズームレンズ)の倍率について書きます。
下図の最初の写真のようにカメラレンズ部分の上に焦点距離が書かれてあります。
写真はニコンD3200ですが見えにくいのですが18―55とあるのがわかるでしょうか?
(VRというのは手振れ補正装置で「ON」状態で使う。フォーカスリング(手動で焦点を合わせるーMにしたら回る)は先の方にあるので映っていません。)

ズームリングにも18から55までとびとびに目盛りが印字されてあります
ズームリングを回し、18近くになればなるほど広い範囲(広角)が写せ、近くの場所を撮る場合等に使います。
反対に55に近くなると狭い範囲の遠く(望遠)を大きく写せます。
で、倍率は「望遠側の最大目盛り÷広角側最小目盛り」で「55÷18」ですから約3倍ということになります。

ニコンD3200を買った時、交換レンズとして望遠(55-200mm)レンズがセットでついてきましたので、望遠でいえば「200÷18」で約11倍ということになります。(200÷55ではありません)
焦点距離が18-200㎜の範囲なんですが、使用説明書によると「35mmフイルムに換算すると、その1.5倍」とありましたので、結局27-300mmの望遠11倍レンズをもつデジカメということになります。

35mmフィルム換算というのは、昔の銀塩フィルムで「35mmフィルム」と名のつくものは縦24ミリ横36ミリの一定サイズで、焦点距離が決まればその拡大率も一定でした。
ところが、デジカメの場合、昔の銀塩フィルムにあたる光を電気信号に変換する「CCD]とか「CMOS」とかいう装置部分の大きさが、各メーカーによって非常に異なります。
そこで、各デジカメのメーカーでは自社の製品の焦点距離をいう場合、「35mm換算~」という表現を付け足しておくわけです。

広角量や拡大(望遠)量はデジカメの種類が違えば同じ目盛りでも映った結果は随分違います。
したがってデジカメを買うとき機種を比べるなら、必ず35mm換算での焦点距離を比較する必要があります。
その例が2枚目の写真です。

これは、パナソニックのLUMIX FZ70ですが 焦点距離が20―1200とあるのがわかると思います。
このカメラは1眼レフと違って35mm換算で表記されていますので、広角側は本当の20mmで、ニコンD3200(35mm換算で27―300mm)よりとても広い範囲が写ります。

次に、人間の両目で見た範囲をデジカメの焦点距離で表すと、いくらになるかという問題について書きます。

まず。人間の両目でみた視野角は何度か知る必要があります。
片目では水平方向で約100度というのが通説みたいですが、両目では160度から200度まで諸説があります。
また、人によって視野角は随分違うと思いますので、実際自分の目で実験してみて決めることにしました。

両目を開けて、まっすぐ前の方に焦点をあわせて両サイドがぼや~と風景の光を感じる限界の角度を測定したのです。
すると、私の場合、ずいぶん諸説との差があり、112度位でした。
それでこれを次回述べるカメラの画角として計算すると、焦点距離は14~15mmとなります。(35mm換算)

もちろんこれは、私にとって中心部分の狭い範囲に焦点があわさり、他はぼや~とした風景を感じる範囲といった状態ですが、広角15mmのレンズで写すとそのまま全体がくっきりと見えるということです。

人間が見た時の、そのままの自然な感じを出すのであれば、だいたい焦点が合っている部分を残し他は削除する方がよいわけで、それなら、一般的に焦点距離が35mm~50ミリのレンズが一番自然だと言われています。

ということは、ズームレンズで(35mm換算で)15mm~のレンズのカメラがあると両方カバーできていいのですが、さすがこのパナソニックFZ70も20mmからでした。(1200mmまでのズーム)
(補足)
このパナソニックFZ70の焦点距離 20―1200mmの望遠倍率は、前にも述べたように1200÷20で60倍ですからカメラ本体にも「60×」と表記されています。
(5584)
 

パナソニックの望遠カメラが値上がりしてる

 投稿者:館主  投稿日:2015年 6月23日(火)00時20分56秒
返信・引用
  昨日(6月21日) 日本橋の上新電機に行ってみて驚きましてた。
パナソニックが2年前発売した超望遠カメラ(光学60倍)LUMIX FZ70が4万円近くしているではありませんか!
しかも「在庫処分」なんて書いてある!
ひどいなぁ~・・・2年前の発売なんだからヤマダ電機の2万8千円より安くしろよーー。
ジョーシンもこういう商売をしてるとお客さんから見放されてしまいますよ。

前回 このコーナーに投稿しましたようにニコンの超人気望遠カメラ(光学83倍)は3か月待ちで今や誰も手に入れることができません。
それで、ニコンの下位機種の望遠60倍(4万6千円)とパナソニックのLUMIX FZ70(光学60倍)の人気が出だしたのでしょうか?

私は、2週間ほど前にこのパナソニックのFZ70をヤマダ電機で実質2万8千円ほどで手にいれたのですが、ひょっとしたらヤマダでも値上げしてるのかなぁ~。
儲かるとわかると1円でも多く収益をあげなきゃいかんという宿命を背負わされているのが企業というものなんでしょうから~。

で、このパナソニックのLUMIX FZ70を今、毎日楽しく使っているのですが、使えば使うほどその便利さに脱帽・感動しますね。

2年前から最近までは、ニコンのD3200という1眼レフを使っていました。
標準レンズとズームレンズの200ミリ望遠付で確か8万円ぐらいだったと思います。
もちろん望遠にするときは、いちいちレンズ交換をしなきゃいけません。
まわりをぼかすときなんかも標準レンズだと被写界深度が深いから、いまいちぼけませんので、望遠レンズに変えなきゃいけません。
それが、このパナソニックのFZ70はズームひとつで一発だし、その他の設定もボタンのイラストで合わせるだけなんで、1眼レフの数字中心の設定に比べたら楽さ加減でいうと天国と地獄ほどの差があります。
画素数も、確かにニコンのD3200は2400万画素と多いのですが、パナソニックのFZ70だって1600万画素あるので十分鮮明です。A4までのプリントだったらその差はわかりません。

まあでも、何よりすごいのはやはり望遠機能でしょう。そんじょそこらの双眼鏡よりすごいですから、三脚を使って望遠鏡のかわりとして使うことのほうが多いくらいです。
おもしろいのは、パノラマ写真をとれることですね。
8秒間かけてシャッターを押し続けながら、ぐるりと体ごとカメラをまわすと、あら不思議!360度のパノラマ写真ができあがります。
その他、面白い機能が満載されたすぐれもののカメラですね。シャッタースピードを速くしてスポーツ選手の動きを写すと思わぬ写真が撮れますよ。
便利さに病みつきになりそー。
(5510)
 

超望遠カメラ

 投稿者:館主  投稿日:2015年 6月12日(金)13時47分56秒
返信・引用
  今年3月に発売されたニコンのCOOLPIX P900 というカメラがすごいですね。
5月下旬にこのカメラのことを知って、すぐアマゾンの通販で申し込んだのですが、爆発的な人気がでたらしく生産が追い付かないので納期は未定、納入できなかったらキャンセルもありうると注意書きがありました。
他のサイトも参考に見てみると、納期がわかっているところで「3か月以上」とあります。
ということは、アマゾンで3か月以上待っても、最悪キャンセルさせられてしまうこともありうるというひどい状況なんですね。

なぜこのカメラがこんなに人気なのかということなんですが、ズームの超望遠レンズ(83倍で焦点距離は35mm換算で2000mm)を搭載していながら、アマゾンやその他のショップで6万7550円の安い値段で販売しようとしているからです。
店頭販売では7万5千円くらいでしょうか。

画素数は1600万画素でマクロ撮影も可能で、1cmまで近づいて接写できます。
コンデジですので1眼レフみたいに巨大なレンズをもちあるかなくてもよいのがいいですね。

ちなみに1眼レフのキャノンのレンズと比較すると、キャノンEF800(800㎜)とうのが何と 189万円もし、重さは約4.5㎏もあれんです。
たぶん、レンズの鏡筒は80センチはあるでしょう。

もし、このニコンのコンデジP900の望遠2000㎜を1眼レフのレンズで作るとすると2メートル近いバズーカ砲のようなレンズをつけたカメラになるはずです。

というわけで、このニコンのP900というカメラをみんなが欲しがるのは無理はありません。
ですから、アマゾンなんかでは、今やすぐ手に入る中古のP900を9万円で売っています。
売るのは3月発売時に買った人でしょうね。
新品より2万円以上高いのですが、納期3か月以上も待てない、すぐ欲しいという人が買うんでしょうかね。

私は、このP900の下位機種であるニコンのP610というカメラが60倍(1440mm)で4万6550円、さらに5千円キャッシュバックしてくれるというので実質4万1550円で手に入るとヤマダ電機の店員さんに説明されて、一瞬「買おうかな。P900の3か月待ちは絶対我慢できないものな。」と思いましたね。
また、キャノンでも65倍というのを2014年にだしているとのことでしたが、実はもっと安くていいものがあったんです。

それは、2013年に発売され、当初5万円近くしていたパナソニックのLUMIXでFZ70という超望遠コンデジが、2年たった今、価格が暴落しているというのです。
2年後の今年6月初旬、ヤマダの店頭価格で税込3万780円で売っていたんです。
10%のポイントがついてきましたので、私はそれでSDカードを買いました。

結局、実質2万7930円で手にいれることができたわけです。
ニコンの下位機種60倍の4万1550円よりずいぶん安く手に入ったと喜んでいます。

性能は望遠は光学60倍で1600万画素、1㎝の接写からでき35mm換算1200mmの超望遠まで写せます。
ユニークなのはパノラマ写真が撮れるというところでしょうか。

私ははこれに1.7倍のテレコンバージョンレンズをつけましたので、あこがれのニコンP900の83倍を上回る 光学102倍35mm換算約2000mmをだすことができました。
さらに画質劣化をおさえながらズーム拡大できる機能(2拡大)ついておりますし、さらに画質は落ちますがデジタルズームが5倍ついております。
ので、画質劣化を気にしないなら 光学60倍×テレコン1.7倍(もちろん光学)×デジタルズーム5倍(画質は劣化する) =510倍 で何と恐るべき「510倍」の超望遠カメラになったのです。

こうなると、ニコンの80倍なんてまったく気にならない・・・・というのはうそですが、2013年に世界最高であったこのパナソニックのLUMIX FZ70の超望遠60倍から、2年後の2015年にニコンが世界最高のCOOLPIX P900で超望遠83倍をだしたわけですよね。
そうすると、きっと2年後の2017年にはどこかのメーカーが超望遠100倍をきっとだすに違いない・・・それまではこのパナソニックのFZ70で超望遠撮影を楽しむことにしよう・・・3か月待つより光学102倍のパナソニックでニコンを見返してやる・・・2年たてば100倍が出るはず・・・3か月よりちょっと長いかな・・・これが私のくやしまぎれで負け惜しみの結論でした。
もちろんアマゾンで申し込んだニコンのP900は10日間待って音沙汰がなかったのでキャンセルしましたよ。
(5300)
 

デスクトップに電源ボタンを作る

 投稿者:館主  投稿日:2015年 4月16日(木)20時28分50秒
返信・引用
  Windows8.1でデスクトップ画面から電源を切るには、左下にあるウィンドウズマークを右クリックして「シャットダウンまたはサインアウト」から「シャットダウン」をクリックします。
でも、デスクトップ画面にシャットダウンボタンがあれば、それをクリックするだけですので便利ですね。
パソコンによっては(ゲートウェイ等)すでに電源ボタンがデスクトップに作ってあるのもありますが。

・デスクトップ画面を右クリック⇒新規作成⇒ショートカット⇒項目の場所を入力する画面がでますので 半角で次のように入力します。
     shutdown.exe /s /t 0        (エス・エッチ・ユー・ティー・ディー・オー・ダブリュー・エヌ・ドット・イー・エックス・イー・半角スペース・スラッシュ・エス・半角スペース・スラッシュ・ティー・半角スペース・ゼロ)
 ※半角スペースを入れる場所を間違えるとできませんよ。
⇒次へ⇒名前を「電源」等と入れる⇒完了⇒できたアイコンを右クリック⇒プロパティ⇒(ショートカット)アイコンの変更をクリック⇒「~利用できるアイコンがありません~」とでますがかまわず「OK」をクリック⇒赤の電源に使うアイコンをクリック⇒「OK」⇒「OK」

これでデスクトップに電源ボタンのアイコンができます。このあとタスクバーにピン留めするには、下のタスクバーにドラッグするだけです。
(4283)
 

エクセル条件付き書式の続き

 投稿者:館主  投稿日:2015年 4月 4日(土)16時45分38秒
返信・引用
  前回と前々回は全セル選択の場合について書きましたが、今回は部分選択した時につける条件付き書式について書きます。
ある列(F列として)の f1 セル(表題)が「生年月日」で、その下よりデータがいくつか入力されているとします。
これらたくさんある生年月日のうち日曜日のセルには赤でぬりつぶしなさいというものです。

・データの入っているF2セルより最下層にあるセルまでドラッグして選択するか、CtrlキーとShiftキーを押しながら、下向き矢印キー(↓)を1回押して範囲を選択します。
・条件付き書式の「新しいルール」で数式欄に =weekday($f2)=1 と入力し、書式で塗りつぶしの色を赤に設定します。その後⇒OK⇒OK

この時前回と違うのは  $f2  と言うのは検索開始位置を示すセル番地であり、効果のでる位置ではないということです。
つまり f2 セルから縦に検索し、条件にあったセル(ここでは日曜)を赤くぬりつぶすというわけです。
また、数式で =以下の1は日曜日を表し、7であれば土曜日を表します。
(3942)
 

エクセル条件付き書式

 投稿者:館主  投稿日:2015年 3月21日(土)10時28分49秒
返信・引用
  会社勤めされている方から質問されました。
「エクセル文書を作っていて、F列にあるセルに完了と入力したら、そのセルのある行全部に色をつけたい。日付を他の列にいくつか入力するのでF列に完了とした日付の行だけ目立たせたいのです。」というものです。
その方法を条件付き書式を使って解決することにしました。

・表全体、若しくは全セル選択⇒条件付き書式⇒あたらしいルール⇒数式を使用して、書式設定するセルを決定⇒「次の数式を満たす場合に、値を書式設定」の窓に半角で「 =$F1="完了"  」と入力します⇒書式⇒塗りつぶし⇒薄めの色を選択⇒OK⇒OK

これで、F列のどこかのセルに、完了と文字を入力し、エンターキーを押せば、そのセルのある行全体に色がつきますので、その行にある日付がわかるという具合です。
補足説明をしておきます。

$(ドル)をFの前に記入することでF列を固定したことになります。(絶対参照)従って1の前にも$をつけたりするとF1セルが固定されたことになりこのセル以外では効果がだせませんし、その効果は列・行全体にでてしまうことになり、全体に色がでてしまってびっくりしますよ。
また1を他の数字に変えると、その数字分上の行に効果がでるので、違った日付のところの行に色がついてしまいます。
””(ダブルクォーテーション2つ)はダブルクォーテーションとダブルクォーテーションとの間に文字等が入ればそのまま表示せよという意味で、何も入らなければ空白を入れよという意味になります。
という訳で、この式は「F列のどこかのセルに完了の文字が入れば、そのセルを含む行全体に書式(色)を設定せよ」という命令になります。

なお、$F1は行に書式(色等)をつける指示ですし、F$1なら列に色を付ける指示ですが、列番号Fは列番号6のことですから書式効果の出る列は条件に合致するセルの5こ左の列全体に出るということになります。
A1とかF3とかいうのはセル番地とは関係なく、書式の効果のでる位置を示し、A1なら条件に合致するセルを含む列・行に書式が現れ、F3なら、条件に合致するセルを含む行の2つ上の行・5つ左の列に書式(色等)が現れるという意味で、該当セルからの相対位置で、書式効果の出る場所を示しています。
(3678)
 

エクセルの条件付き書式でイタズラをしかける

 投稿者:館主  投稿日:2015年 3月20日(金)16時17分49秒
返信・引用
  お友達に、エクセルの新しいシートに何かデータを入れてもらいましょう。
すると、特別のセルの場所に何かデータを入れた途端、画面全体が真っ赤に変わって、お友達はビックリ仰天するというわけです。

この仕掛けを作る前にエクセル条件付き書式の「新しいルール」「数式を使用して、書式設定するセルを決定」について理解してください。

まず範囲を選択した後、条件付き書式をだします。
・全セル選択(上の列番号左端と左の行番号上端の交わった場所)をクリック
・「ホーム」⇒「条件付き書式」⇒「あたらしいルール」⇒「数式を使用して、書式設定するセルを決定」⇒「次の数式を満たす場合に値を書式設定」の窓をクリックしてカーソルをだす。(書式・・セルに色を付ける等・・はあとで決めることにしましょう)

数式の意味
 個の窓に例えば、 =a1=5  と入力したとしましょう・・・・ a1 にセル番地の意味は全然ありません
 意味は「どこかのセルに 5 を入力すると選択された書式がそのセルにあらわれる」というものです。(a も 1  も書式効果のでる位置を示し、「その列その行」の意味です)
 つまり、書式の効果を出す範囲は 行、列をあらわす a1 等の前に $ をつけることで変更表示でき、この $ がついていなければ 単一のセルのみに書式効果が表れます。

 $a1  であればその意味は、「A列が固定され、その列の中に数式の条件(セルの値が5)にあうセルがあればそのセルのある行全体に書式が現れる」というものです。

 a$1 であればその意味は、「第1行目が固定され、その行の中に数式の条件にあうセル(セルの値が5)があればそのセルのある列全体に書式が現れる」というものです。

 $a$1 であればその意味は、「表記のセル番地が固定され(行・列が固定され)そのセルが数式の条件に合えば(セルの値が5)、全セル(行全部と列全部)に書式の効果が現れる」というものです。

 a1  はセル番地とは関係なくどこのセルであっても条件に合うセル(セルの値が5)であれば書式効果はそのセルの場所だけに現れるだけということですし、例えば、f7 等であれば、選択範囲内でどこかに条件に合うセル(セルの値が5)があれば、そのセルの6つ上で5つ左のセルにその書式があらわれるという意味です。
それ以外の表記について説明します。
  例えば、 $c1 とあれば、c列の中のどこかに条件に合うセルがあれば、そのセルのある行全体に書式効果がでますが(1というのはそのセルの行と言う意味) $c3 のように1ではなく3とするとそのセルの含まれる行より2つ上の行全体に書式効果がでます。

  同様に  c$1 とあれば、1行目が固定され、1行目のどこかに条件に合うセルがあればそのセルを含む列の左2つ目の列全体に書式効果がでます。
 つまり、A、B、C、D・・・・という列番号は 1,2,3,4・・・・と読み替えてその分だけ左の列に書式効果がでるわけです。(該当セルの列を1と数えるので、Cであれば、2つ左の列のことです。)
 もちろん c$4 とあれば4行目のどこかに条件に合うセルがあれば、そのセルを含む列の左2つ目の列全体に書式効果がでるわけです。(Dであれば3つ左の列全体、Fであれば4つ左の列全体・・・)
 だから、くれぐれも a とか  c  というのは列番号を表すのでなく、書式効果をだす位置をあらわすアクティブセルからの相対参照記号だということを理解してください。

 $を2つつける $f$6 のような場合のみセルの絶対位置(セル番地)を表し、その効果は列・行全体に現れることになります。
つまりこの場合、f6  セルに 5 を入れるとシート全体に書式効果がでるわけです。

 次に数式の表示例を載せます。
  =f1=8    どこかのセルに8を入力すれば、そのセルの5つ左のセルに書式効果がでる
  =$c4>0      C列のどこかに0を超える数が入れば、そのセルより3つ上の行全体に書式がでる
  =b$6="完了"  6行目に完了という言葉があれば、そのセルの左1つ目の列全体に書式がでる
  =$c$2<>""      C2セルが空白でないと行・列範囲全体に書式がでる
  =mod(row(),3)=2   行番号を3で割り、、余りが2になる行に書式をだす

 さて、これまでの説明を応用して、例えばC2セルになにかデータをいれたらシート全体が赤くなるという方法の答をのせます。

 数式を入れる欄に半角で  =$C$2<>""  と入力し、(※「C2セルが空白でないなら」の意味)⇒書式⇒塗りつぶし⇒赤⇒OK⇒OK

 これで誰かがC2セルに数字や言葉を入力し、確定した後エンターキーを押せば、突然画面全体が赤く変化します。
(3661)
 

エクセルでグラフを作成する

 投稿者:館主  投稿日:2015年 3月20日(金)11時47分2秒
返信・引用
  エクセルでグラフを作成する方法を2つ載せておきます。

①一番簡単な方法(自動的にグラフシートが作成される)
 ・グラフにしたい表(テーブル)の内にアクティブセルがあること(内であればどこでもよい)
  (※表の一部だけグラフにするのであれば、その範囲をドラッグして指定すること)
 ・F11キーを押す
  (パソコンによっては、同時にFnキーを押しながらでないと作動しないものもある)
 ・グラフの種類を変えたりテキストボックスを入れたりして好きなように体裁を整える。

②次に簡単な方法(表のあるシートにグラフを作る)
 ・グラフにしたい表(テーブル)の内のグラフにしたい数値部分をドラッグして選択する。
 ・選択した数値を説明する語句部分(漢字やひらがな)をCtrlキーを押しながら選択する。
 ・「挿入」タブよりグラフの種類を選択(クリック)する。
 ・グラフの種類を変えたりテキストボックスを入れたりして好きなように体裁を整える。
   (※グラフの移動は4方向矢印でし、拡大縮小は2方向矢印でする。)

  汎用性があるのは2番目のやり方でしょう。エクセル2003のようなグラフウィザードを使ってグラフを作成するのはお勧めではありません。
(3659)
 

ワード・エクセルのズームスライダーが見えない時

 投稿者:館主  投稿日:2014年12月 1日(月)13時47分19秒
返信・引用
  エクセル2010を使っての講習時、受講者のパソコンに通常右下の画面に見えるはずのズームスライダーがありませんでした。
そこでエクセル画面の下にあるタスクバーを右クリックしてズームスライダーの表示にチェックがかかっているかどうか確認したのですが、ちゃんとチェックがかかっています。
また、画面をポイントし、Ctrlキーを押しながら、マウスのスクロールボタンを回転させるとちゃんと画面は連続的に拡大・縮小します。

調べてみると、どうやら原因はデスクトップの言語バーが移動していてエクセル起動時にズームスライダーを隠していたようです。
そこで対処法としては、
・エクセルやワードの画面で下のタスクバーを右クリックしてズームスライダ―の表示にチェックがかかっているかどうか確認する。(かかっていなかったら、もちろんクリックしてチェックをいれる)
・一旦エクセルやワードを終了させ、デスクトップ画面のIME2010言語バーの左付近をポイントすると4方向矢印がでるので、ドラッグしてさらに下にあるタスクバーに移動させる。
(このあと、この言語バーを移動させる必要がでた場合は「MicroSoftOfficeIME2010」とある赤い部分をクリックして「言語バーの表示」をクリックすると移動できるようになります。)
(1674)
 

ワード2013はがき差し込み印刷でウィザードがでない場合

 投稿者:館主  投稿日:2014年11月14日(金)23時10分19秒
返信・引用
  今年も年賀状を書く季節になり、今月は年賀状作成の講座を開いています。
年賀状作成で使うワード2013のはがき差し込み印刷でウィザード画面が出ないという場合があります。
その対処法を書いておきます。
年賀状等の差し込み印刷で、ウィザード画面が出なくなる原因はいくつかあると思われますが、PCへのサインインの新しいアカウントを追加した時や差し込み印刷をクリックした後、強制終了した時におきるようです。

対処法
ワード2013の起動⇒ファイル⇒オプション⇒アドイン⇒設定⇒「日本語はがき完了~」にチェックを入れ、文字をクリックして青色の選択状態にする⇒OK

ここでのポイントはチェックを入れる際、チェックだけでOKをクリックしてはいけないということです。
チェックの後、必ず選択状態の青い色をだしてからOKをクリックすることです。
(1412)
 

8.1をデスクトップから起動させ、終了させる

 投稿者:館主  投稿日:2014年 7月 2日(水)10時36分52秒
返信・引用
  ウィンドウズ8.1のモダン画面が扱いにくくて困るという受講者の方が多いようです。
XPや7のようにデスクトップ画面から出発したいという方が多いので、その設定変更方法を書きます。
8.1を起動させ、最初のモダン画面で「デスクトップ」のタイルをクリックし、一旦デスクトップ画面にします。
画面の一番下にあるタスクバー(細長い帯みたいなもの)を右クリックします。
プロパティをクリック⇒ナビゲーション⇒スタート画面⇒「サインイン時または画面上の~~」にチェックを入れる⇒OK
これで、次回からはデスクトップ画面から出発できます。
終了はデスクトップ画面下にあるウィンドウズアイコン(十がある窓みたいな絵)を右クリックし、「シャットダウンまたはサインアウト」をポイントし、「シャットダウン」をクリックします。
(584)
 

ASK

 投稿者:館主  投稿日:2014年 6月25日(水)19時25分0秒
返信・引用
  受講者の方から、「インターネットで、イラスト素材をダウンロードして使っていたら、いつのまにかホームページがヤフーから、なにやら訳のわからない「ASK」なるページに変わってしまっていて、ヤフーがでてこない」という相談を受けました。
「ASK」なるホームページの検索窓にヤフーのURL(http://www.yahoo.co.jp/)を入力してエンターキーを押してもヤフーはでてこないとのことでした。

ネットで調べてみると、悪質なものではないらしいのですが、削除するにはとても面倒な手順を踏まなければならないとありましたが、私がやってみたところ簡単にヤフーが復活しましたので、その手順を書いておきます。(インターネットエクスプローラーのバージョンは11です。)

・ASKなるホームページを開ける
・画面の上の方のどこかに「ツール」(歯車の形の絵)があるのでクリック
・インターネットオプションをクリック
・最初に「全般」タブが表示されているので、「現在のページを使用」欄にあるURLを消し(ドラッグしてデリートキー)、新しく半角英数文字で  http://www.yahoo.co.jp/  と記入する。
・同様にその横にある「標準設定」欄をクリックし、出て来た窓にあるURLを消し(ドラッグしてデリートキー)、新しく半角英数文字で  http://www.yahoo.co.jp/  と記入する。
・画面一番下にある「OK」をクリックする。

以上で復活しましたが、ポイントは「現在のページを使用」欄と「標準設定」欄の両方のURLをヤフーに変えないといけないということでしょうか。
(554)
 

ワード2010でマクロの自動記録を使い図形を扱う

 投稿者:館主  投稿日:2014年 5月16日(金)23時23分47秒
返信・引用
     以前のワードではマクロでオートシェイプ(図形・線)とかテキストボックス等を自動記録できたのですが、ワード2010ではマクロの自動記録でオートシェイプを作っても、実行させると何もでてきません。
そこで、VBEのコード画面でプロシージャを直接記述して図形画像を出せばよいのですが、もっと簡単に自動記録できる方法を書きます。

ワード2010を起動⇒ファイル⇒名前をつけて保存⇒(ファイルの種類)Word97ー2003文書⇒
保存・・・・これで互換モードになります。
たったこれだけです。これで、「開発」⇒「マクロの記録」からエクセルと同じように記録すれば、オートシェイプの図形だって記録できます。
ただし、マクロで図形の描画が終わって次へ移る時は「記録の一時停止」ボタンを押して図形の描画を解除してから再開させる必要があります。
エクセルにはない「記録の一時停止」ボタンの存在理由がこれです。
あと、一番大切なことは、このワードの場合、「マクロ有効文書」にしてはいけないことです。
マクロ有効文書にすると、再び自動記録では図形を扱えません。
(385)
 

Windows 8 でオフィスアイコンが無くなってしまった時

 投稿者:館主  投稿日:2014年 3月 5日(水)14時52分56秒
返信・引用 編集済
  受講者の方で、Windows 8のデスクトップ上とモダン画面上にあったエクセルアイコンが無くなったため、しかたなく以前作ったエクセルファイルを起動させ、その後、いつもそこから新規作成をクリックして、新しいエクセル文書をつくっている。
面倒くさくてしかたなとの相談を受けました。
そこで、無くなったアイコンをデスクトップ上に復活させる方法を書きます。

Windows 8 の場合はとても簡単です。
・コンピューター⇒Cドライブ( C: の表記がある)⇒Program Files ⇒Microsoft Office15⇒
・root⇒office15⇒ EXCEL を右クリック⇒コピー⇒デスクトップ画面のアイコン等のない空白部分を右クリック⇒貼り付け

 以上でOKですが、 EXCEL を右クリックする時、下の方にある excelconv とか、もっと下の方にあるXLICONS と間違えないようにしてくださいね。
同じようなアイコンですので。
(271)
 

Windows 8 でモダン(タイル)画面のワード等をデスクトップ画面にアイコンとして出す方法

 投稿者:館主  投稿日:2014年 3月 5日(水)14時05分10秒
返信・引用 編集済
  Windows 8 で最初のモダン画面(タイルのある画面)からワード等を使われている方も多いと思いますが、受講者の皆さんは、デスクトップ上にワード等のアプリのアイコンがある方がよいという方が圧倒的に多いです。
そこで、デスクトップ上にモダン画面のアイコンをコピーする方法を書きます。

・8のパソコンを起動して、最初に出てくるモダン画面でワード等のアプリを右クリック⇒
・画面下のバーに出てくる「ファイルの場所を開く」をクリック⇒
・ワード等目的のアイコンを右クリック⇒「コピー」⇒
・デスクトップ画面でアイコン等のない空白場所を右クリック⇒「貼り付け」をクリック

 以上でOKですが、コピー⇒貼り付け という上に書いたようなやりかたがお勧めで、「ファイルの場所を開く」からワード等をコピーしないで、直接デスクトップ上にドラッグしてしまう「移動」という方法をとる方がおられます。
しかし、これはやめておいた方がいいですよ。
簡単でよいかと思われるかも知れませんが、最悪アイコンがなくなってしまった時、困っちゃいますよ。
(271)
 

RegCleanPro(レジクリーンプロ)

 投稿者:館主  投稿日:2013年11月28日(木)21時37分27秒
返信・引用 編集済
  受講者さんの持ち込みパソコンをみていると「Reg Clean Pro」 という悪質なインド製のソフトが作動していて「現在スキャン中」とか「有料のソフトを購入する必要がある」とかの画面がでてきます。
本人は「この頃パソコンのスピードが遅くなってしかたない。」とおっしゃってました。
裏でこの悪質ソフトが作動していたら、当然パソコンのスピードは遅くなるでしょう。
さらに驚いたことは、本人が入れたこともないのにDドライブ(約330ギガ)がほぼ満杯になっていて、新しく使えない状態になっていたことです。
一旦コントールパネルからプログラムの機能(追加と削除)からこのRegCleanProを削除したのですが、Dドライブはそのまま満杯状態のままですし、何かすっきりしません。
そこで、以下のようにして悪質ソフトを削除し、Dドライブを完全復活させましたので書いておきます。

・この掲示板の25回前(2012年10月31日)「アダルトサイトのウィルスを削除する方法」の C「復元ポイントを指定して以前の状態に戻る」を読み、できるだけ一番昔のポイントを指定し、復元させる。(時間がかかるので気長に待つ)
・スタートボタン⇒コンピュータ⇒Cドライブをクリックして開き、そのまま、またコンピュータよりDドライブもクリックし、同時に2画面が見えるように調整する。
・Dドライブにはいっているファイルやフォルダを、Cドライブにドラッグして移設する。(Dドライブにあるファイル名やフォルダ名を紙に記録しておく。)
・再度Dドライブに戻り、Dドライブを右クリック⇒フォーマットをクリック
・Cドライブに移設したDドライブの中身を先ほどと逆にCからDにドラッグしてDドライブに戻す

以上で完全に復活できました。
所要時間は1時間半ぐらいでしたが、パソコンによって時間は変わると思います。
(226)
 

日付に曜日等を入れる

 投稿者:館主  投稿日:2013年11月17日(日)20時15分5秒
返信・引用
  エクセルで /  (スラッシュ)を入れてエンターキーを押すと○月○日という風にでますが、その後(月)とかいう風に曜日まで入れるには次のようにします。
・例えば3月2日と入れてあるセル(曜日を入れたいセルが複数ある場合は、その範囲)を指定(アクティブ に)する。
・右クリックで「セルの書式設定を選択」
・「表示形式」の「分類」にある「ユーザー設定」をクリック
・「種類」欄のすぐ下にある窓に半角で(aaa)を付け加える「 m"月"d"日"(aaa) 」となります。
・これで、OKをクリックすれば「 3月2日(土) 」となっているはずです。

※半角で(aaaa)であれば( ○曜日 )と表記されます。
     (ddd)であれば英語表記 (Sat)と表記されます。
    (dddd)であれば英語のフル表記(Saturday)となります。
     一番前に gggee"年" といれると(年以外は半角)平成25年が付け加わります。
     ( gggee"年"m"月"d"日"(aaaa)  で 平成25年3月2日(土曜日)となります。)
     その他(yyyy)は西暦年表示(hh)は(00)表示、(mmmm)月を英語表示、末尾に(ggg)を入れれば末尾に  (平成)と入ります。
(217)
 

年賀状の宛名印刷

 投稿者:館主  投稿日:2013年10月30日(水)14時15分54秒
返信・引用
  今年もそろそろ年賀状を書く季節になりました。
一番楽な方法は、「筆ぐるめ」とか「筆王」とかいうソフトを使って住所録を作り、宛名面を印刷します。
次に絵などが入る裏面は、そのソフトが最新のものであれば、その年の干支があるでしょうけど、普通はないですよね。(あっても簡単なものしかないはずです。)
それで、500円程度のその年の年賀状作成本には、豊富な干支イラスト等が入っているCDがついていますので、これを利用すればよいと思います。

ワードの差し込み印刷で年賀状を作る場合は、ちょっとした工夫がいります。
裏の絵の入る部分は、まず問題ないのですが、表の宛名面はそのまま使うと、ほぼ失敗して嫌になると思います。
コツは、「改行マークのところにエクセルのフィールド(列)が入る」という原則をもとに、一旦、最初から画面にでてくるテキストボックスは全て消すということです。
改めて、自分で好みの位置、大きさでテキストボックスを作成し、それぞれの改行マークの位置に、「フィールドの挿入」で「住所」とか「名前」をいれていけばよいのです。
最後は図形の枠線(XPは「線の色」)で「線なし」を選ぶことです。
そして、テキストボックスの位置の微調整は必ず、Ctrlキーを押しながら矢印キーを押して行うことです。
それから、エクセルの住所録の第1行目は必ず列フィールドの項目名(住所等)を入れておくのはご存知のことと思います。
また、「エクセルにあるデータ以外で、ワード差し込み印刷画面で作成したものは、書式含めて、まったく同じものが出てくる」という原則も利用して、「様」とか差出人データを作成すればよいのですね。
(209)
 

3桁以上の数字や全角文字2文字以上を〇で囲む

 投稿者:館主  投稿日:2013年10月18日(金)21時08分25秒
返信・引用
  文字を〇で囲む方法について書きます。
①20までの数字・・・・「まる15」等と入力して変換(スペースキー)する。
②21以上99以下の2ケタ数字とひらがなや漢字の1文字・・・・・該当文字を選択⇒ホームのフォント欄の下右端「囲い文字」(XP等の2003は「書式」⇒「拡張書式」⇒「囲い文字」)⇒右端「文字のサイズに合わせる」⇒OK
③3桁以上の数字又は、全角2文字以上・・・・・挿入⇒図形(2003は「オートシェイプ」)⇒基本図形⇒「円/楕円」(2003は楕円)⇒画面で文字列を囲むように楕円を描画⇒図形の塗りつぶし(2003は「塗りつぶしの色」)⇒塗りつぶしなし
     ※文字幅と文字間隔をせばめると体裁が整う
 文字列を選択⇒右クリック⇒フォント⇒「詳細設定」(2003は「文字幅と間隔」)倍率(※文字の横幅が決まる)⇒50%⇒文字間隔⇒「狭く」(※右のポイント数を決めてもよい)⇒OK

④特殊な方法・・・・・・・・・・2ケタの数字等囲い文字を選択⇒Shiftキーを押しながらF9キーを押す(※パソコンによっては同時にfnキーを押さないといけないものもある)⇒
 { eq \o\ac(〇,数字等)} のコードが出るので 〇の部分を選択し拡大したり、また数字等の部分をクリックしてカーソルを出し、3桁以上や全角2文字以上に増やす⇒Shiftキーを押しながらF9キーを押す(※パソコンによっては同時にfnキーを押さないといけないものもある)・・・倍率・字間を調整する
(204)
 

平均の平均

 投稿者:館主  投稿日:2013年10月 9日(水)18時18分19秒
返信・引用 編集済
  次のような質問がありました。
「エクセルでAというクラスの平均点をだしましたが、数値の書式で小数点以下を四捨五入して表示しました。
次に同じく、B、C、Dのクラスの平均点をだし、書式で小数部分は四捨五入しています。
次に、このまま、AVEREGE関数を使って学年の平均点を出すと、四捨五入する前のデータで計算することになるので、正確なのかは知れませんが、各クラスの四捨五入して整数で出した平均点の平均とは違う値になってしまいます。
私は、後者の方、つまり、四捨五入して出した、整数部分のみの平均がほしいのです。」
というものです。

これは、書式の変更だけでは無理なので、ROUND関数を使うことになります。
クラスの平均点を出すとき、AVERAGE関数を使っているはずなので、答を出したセルの数式バーで以下のように変更してください。(はじめは =AVERAGE(○:△) となっているはずですね。)
  =ROUND(AVERAGE(○:△),0)
ROUND関数の引数は(値 , 桁数)  ですので、値はAVERAGE関数で求めたもの、また、桁数は0を指定すれば整数になります。-(マイナス)がつけば小数点以下、その数の桁数分まであらわせます。(例えば、-2なら小数第2位まで・・・・ただし、数値の書式は標準にしておいての話です)
各クラスの平均点をこのやり方で整数で出し、この後、AVERAGE関数を使って学年の平均を出せばOKです。
この最後の平均は整数であれ、小数点以下をだすのであれ、書式で決めることができます。
(198)
 

エクセルで関数を使って画像を呼び出す(2)

 投稿者:館主  投稿日:2013年10月 5日(土)13時08分50秒
返信・引用 編集済
  前回からの続きです。
IF関数を使って、リストより指定の名前の写真をだす手順をまとめて説明します。

「sheet2のA1~A3セルに「山」「鳥」「花」の写真があって、sheet1のA10セルにリストがあり、リストより3種の名前のうち1つを指定すれば、隣の結合されたB10~B15セルの中にその写真があらわれる。A10セルに文字がなければ写真は現れない。」というものです。
途中の説明で前回の分を読んでないと理解できないところがあると思いますので、必ず前回のを読んでおいてください。また、実際にパソコンでエクセルを起動させて、操作しながら読まないと理解は難しいと思います。
さぁそのままエクセルブックを開いてくださいね。

準備
sheet2のA1~A3セルの大きさを写真が入るぐらい大きくします。
A1セルを右クリック⇒名前の定義(2003は 挿入⇒名前⇒定義)
名前欄に 山 と記入⇒OK
A2セルを右クリックし、同様に 鳥 と記入 ⇒ 同様にA3セルを右クリックで 花 と記入
⇒同様にしてC1セルを右クリックして名前の定義で 空白 と記入します。
「挿入」で山や鳥、花の写真(サンプルピクチャーで適当に探してください)を1枚1枚それぞれの場所に移動させ挿入します。(※下の写真の1枚目を見てください。)
sheet1に移ってA列B列の幅を写真の横幅が入るぐらい広くとります。
B10~B15セルを「セルを結合して中央揃え」をクリックして1つのセルにします。
A11セルの行の高さを高くし、「(上のドロップダウンメニューから山・鳥・花を選んでください)」と記入します。セル内で改行するのは、Altキー+Enterキーです。

準備は済みましたので、本操作に移ります。リストの作成からです。
A10セルを選択し、⇒データ⇒データの入力規則⇒データの入力規則⇒「すべての値」の▼で「リスト」に変えます⇒「元の値」をクリックし、カーソルをだしたら 山,鳥,花 と記入します。,  (カンマ)は半角で記入し、最初と最後は記入してはいけません。
OKをクリックするとA10セルにリストができますがエクセル2013はA10セルを右クリックして「ドロップダウンリストから選択」をクリックしてからでないと使えない機種があります。

次にIF関数を使う作業です。
前回にも書きましたが、関数は地上?の世界では値(数とか文字)しかだせませんので、写真や図など、空中?の世界のものは、空中の世界で関数を使い、地上の世界と連絡しあいます。
sheet1の結合されたB10セルを選択⇒コピー(Ctrl+C)⇒ホーム⇒貼り付けオプション(▼)⇒その他の貼り付けオプションの「リンクされた図」(2003はShiftキーを押しながら「編集」で「図のリンク貼り付け」) ⇒数式⇒名前の管理(2003は挿入⇒名前⇒定義)⇒新規作成⇒名前欄に 貼り付け写真 と記入 ⇒参照範囲の元データを消し、以下のように記述します。
=if(sheet1!$a$10="山",山,sheet1!$a$10="鳥",鳥,sheet1!$a$10="花",花,空白)

※ 慣れている方は =if(sheet1!$a$10="山",山, と記入した段階で if(sheet1!$a$10="山",  を範囲選択しコピー(Ctrlキー+Cキー)します。その後、最後に貼り付け(Ctrl+Vキー)て山を鳥に変え、 , 以降 鳥 を付け加え、 ,   の後、Ctrl+Vキーで、山を 花 にかえます。矢印キーは使えませんのでカーソルの移動はマウスでしなければならないことはご存知だと思います。また、セル番地=の後の山とか鳥は地上?の世界のことですので " (ダブルクォーテーション)が必要です。

この後OKをクリックして閉じます。
B10セルがまだ選択状態ですので、数式バーで「$B$10」を「貼り付け写真」に変えてエンターキーを押します。
A10セルを選択し、リスト▼ をクリックし名前を選びクリックします。
文字を消すのはデリートキーを使います。もちろんリストには影響しません。
(196)
 

エクセルで関数を使って画像を呼び出す(1)

 投稿者:館主  投稿日:2013年10月 4日(金)18時21分28秒
返信・引用 編集済
  エクセルの関数を使って、値(数や日本語文字)を探したり、呼び出したりするのは簡単ですが、VBAを使わないで、エクセル関数だけで図形や画像を呼び出すのはとても面倒です。
そこで、関数を使って画像をよびだす仕組みを説明してから、IF関数とリストを使って「あるセルに山と出せば山の写真が、川と出せば川の写真が特定のセル上に現れる」というのを作ってみたいと思います。

まず、エクセル上で画像というのは、それがsheet1で作ろうが、sheet2で作ろうが、エクセルブックの空中に浮遊する花びらのようなものだとイメージすると解りやすいと思います。
エクセルシートを地面だとすると、その花びらを地面のどこかに固定する作業がまず必要になります。

それでは、sheet2のA1セルの大きさを適当に画像が入るくらいに大きくして、画像を挿入してください。
画像はセルの中に入って、しかもまだ余白があるぐらいにします。
次に空中に浮遊する花びらを受け入れる土壌づくりをします。
そのままA1セルをアクティブ(選択状態)にします。(この時余白がないと画像を選択してしまうミスを犯します。)
余白を右クリックして「名前の定義」をクリック。(XP等の2003は「挿入」⇒「名前」⇒「定義」)⇒「山」(名前)⇒OK・・・・・・これでシート2のA1セルに何か画像を受け入れることのできる土壌ができました。
空中の世界からみると、地上のsheet2のA1の位置に「山」という番地の場所ができたので、画像であればだれでも降りられるというわけです。(従って、異なる画像でも複数画像でもOK)
次にsheet1に移りましょう。画像を出すことにします。
B1セルに出しますので、このセルの大きさをsheet2の画像が表せるぐらいに大きくしてください。
受け入れる土壌づくりをします。
B1セルがアクティブの状態でコピー(Ctrlキー+Cキーでも可)し、そのままB1セルに「貼り付けオプション(▼)」の「その他の貼り付けオプション」の右端「リンクされた図(I)」をクリックしてはりつけます。(2003はShift(シフト)キーを押しながら「編集」⇒「図のリンク貼り付け」)
土壌はできましたので花びら(山の写真)を呼び込むことにします。まだ、B1セルがアクティブになったままの状態ですので、数式バーの「$B$1」の部分を「山」(空中からみればsheet2のA1セルの位置のこと)に変更します。(半角の = は消してはいけません。)⇒エンターキーを押すと「山」の写真がでます。
もちろん、sheet2の写真を移動させてsheet2のA1セルの位置からはずれると、sheet1のB1セルにある写真が消えます。
これで大体の仕組みが理解できたでしょうか?

いよいよ関数を使う練習をしましょう。IF関数を使い、sheet1のA5セルが空白ならば、B5セルも空白、もし何か値が入れば「山」の写真がでてくるというものです。
準備をしましょう。
sheet2に戻って、C1セルを右クリックし「名前の定義」で「空白」という名前をつけます。(2003は「挿入」⇒「名前」⇒「定義」)
sheet1に進んでA5セルの高さを高くして、B5セルに写真が入る大きさに調整してください。

関数を入れるのは地上で作業しても意味がありません。相手は、空中に浮遊する花びらなのですから、空中(名前の定義)の世界で作業します。
そこで、関数は「名前の定義」の画面で「参照範囲」欄に空中ルールに従って記入することになります。
sheet1のB5セルをアクティブにします。⇒コピー(Ctrl+C)⇒貼り付けオプション⇒「リンクされた図」(この間B5セルのままですよ)
次は右クリックしても名前の定義はでてきませんので、「数式」⇒「名前の管理」⇒上にある「新規作成」(2003ではShiftキーを押したまま「編集」⇒「名前」⇒「定義」)⇒「関数貼り付け図」という名前にしますので名前欄に記入してください。
いよいよ関数の入力です。
ダイアログボックスの下にある「参照範囲」欄(元あったデータは消す)に
「 =if(sheet1!$a$5="",空白,山) 」と記入するのですが「空白」「山」以外はすべて半角英数文字です。まちがえやすいのは、「 ,  」カンマと最後の「 ) 」(カッコ閉じ)を全角にしてしまうことです。 この後 OKを押して閉じます。
数式バーで「$B$5」を「関数貼り付け図」と変えてエンターキーを押します。
A5セルに何か言葉を入れて(全角文字なら確定した後)エンターキーを押すと「山」の写真が
でてきます。(文字を消せば写真も消える)・・・途中一字でもまちがえたらでてきませんよ。

数式の意味を書いときます。
(A5セルを空白とする。この条件にあった場合はB5セルに「空白」という画像を入れよ。もし合わない場合はB5セルに「山」という画像を入れよ。)という意味です。

空中の世界でのルールというのは、画像はブック内に浮遊しているので、必ず、シート名から指定しなければならないということ(「sheet1! 」(! はシートを表す)のように)と、そして、セルを指定する時は$をつけて絶対参照(固定という意味)にすること、そして画像を指定するのは「定義された名前」であってセル番地ではないこと、しかも、名前には関数で全角文字には通常つける " (ダブルクォーテーション)をつけない(画像の名前を指定する時はいりませんがセルの値を入れるときは必要です)・・・等です。

ここまでできたかたは、あと写真をsheet2に何枚か準備して、sheet1にリストを作ったあと、IF関数を入れ子にして作成したら完成です。この後も少し長くなりそうですので、IF関数の入れ子状態のみ書いて次回にまわします。

論理式=A5セルは"山"である。真の場合はB5セルに「山」の写真を、偽の場合・・論理式=A5セルが"鳥"である。真の場合ばB5セルに「鳥」の写真を、偽の場合・・・論理式=A5セルが"花"である。真の場合はB5セルに「花」の写真を、偽の場合は論理式=・・・・・・・と写真の数だけ続きます。「入れ子」というのは、箱の中に箱、またその中に箱・・・と続く状態のものです。昔、こんな箱を作って遊びましたね。最後の箱には何も入ってなかったとか・・・で大笑い。続きは次回。
(196)
 

エクセルの基本を2つ

 投稿者:館主  投稿日:2013年 9月21日(土)22時19分57秒
返信・引用
  エクセルで離れた複数セルを選択する時、Ctrlキーを押しながら該当セルを次々とクリックしていくという方法は知っている人は多いと思います。
しかし、連続したセルを選択するのは単にドラッグすればできるので、大きく広い範囲を選択する時も、Shiftキーを使わず、苦労してドラッグで選択している人が多いように思います。
ドラッグして選択しようとすると、下の方にいけば急に速度が速くなり、あわてて上へ戻すなど微調整が大変です。
やはりここは、Shiftキーを活用すべきですね。
最初の始まりのセルをアクティブにして、最後の終わりとなるセルをShiftキーを押しながらクリックするだけです。
関数でセル範囲を指定するときもこの方法は使えます。
また、作業が進んで画面が下の方や右の方へ行った時、右端や下端にあるスクロールバーをドラッグして、最初の画面を出そうとする人が多いのですが、是非、Ctrlキーを押しながら、上向き矢印キーや左向き矢印を押して上端や左端を出す方法を使ってください。速くて簡単ですよ。
(191)
 

デジカメの画素数とファイル容量

 投稿者:館主  投稿日:2013年 9月 7日(土)14時10分52秒
返信・引用
  最近のデジカメは1600万画素とか2000万画素とかいう高画素数カメラでも、2~3万円で買えるようです。
プリントアウトするとL版では200万画素以上であれば、肉眼でそれ以上の画素数の写真と判別することはできないと言われています。
けれど、実際、画素数が多ければ多いほど、より自然な感じに写真が仕上がるのが事実のようですね。
それで、画素数について少し書いてみます。
デジカメやビデオなどで使われている、「画素数」と「ピクセル」は大体同じ意味ですが、パソコンのディスプレイ等の解像度を表す言葉は「ピクセル」だけが使われています。
光がデジカメのレンズを通して入ってきますと、CCD(シーシーディー)やCMOS(シーモス)という装置で電気信号に変え、画像データとして読み込んでいきます。
その装置にある、人間の目でいうと網膜神経細胞みたいなものがたくさんあると、はっきりくっきり見えるというわけです。
その数を表すのが、たとえば1200万画素(ピクセル)であれば1200万個あるというわけです。(粒粒の点のようにも、長方形の細胞がたくさんあるというようにも想像してよいでしょう)
昔の銀塩カメラのフィルムの形のように、1つの長方形の中に1200万個光を感じる素子があるわけです。
カメラによって長方形の縦横の比率は少しづつ違いますが、例えば、3対4としましょうか。
すると、縦に3000個、横に4000個の素子が並んでいて全部で12000000個あるわけですね。(3000×4000)
単位の関係は、1000ピクセルが1Kピクセル、1000Kピクセルが1Mピクセルですから12Mと書いてあったら、1200万ピクセル(画素)を表しています。
普通デジカメは12Mとあっても、8Mや5Mでも撮影できるよう、画素数を落とすことができます。(撮影可能枚数がふえますから)
これら撮像素子の上にデータ(いろんな色情報等)がのっかって1枚の写真ファイルができるわけですが、次に、このファイル容量について知る必要があるので少し書きます。
パソコン含めデジタル機器は、データを保存し活用することを目的としていますが、そのデータの容量(ファイル容量)を表す単位はバイト(B)です。(1Bは8ビットで1ビットが最小単位です。1ビットは2進法の0か1を表し、1桁を表現できます。)
ちなみに32ビットパソコンというのはCPU一度に32ビット処理できるということです。最近の64ビットパソコンはその2倍処理能力があることになります。
話を戻して、漢字ひらがな等の全角文字を表すのは2B(バイト)必要で、半角英数なら1B(バイト)必要です。
昔、ワープロ専用機に使っていた2HDフロッピーディスクは1枚で1.44MB(メガバイト)ー144万バイトーの容量がありましたが、漢字ひらがなの文字をA4用紙に2000文字打ったとして、1枚につき4000B(バイト)ですから、A4用紙360枚打てることになります。
単位の関係は約1000B(1024B)=1KB、約1000KB(1024KB)=1MB、約1000MB(1024MB)=1GB(ギガバイト)、約1000GB(1024GB)=1TB(テラバイト)です。
1200万画素のデジカメの各素子に1B(バイト)の色情報がのったとすると、単純計算すると1200万B(12MB)となります。
1眼レフカメラだとこの写した状態のまま保存できるRAWモードがあるのですが、普通は1眼レフカメラでもファイルを圧縮します。
例えばある地点からある地点までの色情報がAで100個あったとします。
すると、Aばっかり100個書くように指示するのと、A×100として指示するのと結果は同じことになりますので、後者を選んだ方がファイル容量は圧縮され、小さくなというわけです。
また、空1色を写した写真と、複雑な色の混じり合った写真では1枚1枚の写真に色情報量の差がありますので、ファイル容量はそれぞれ異なることになります。
JPEG(ジェイペグ)という形式で圧縮すると、最高画質で半分くらいになるでしょうか?
したがって、12Mのカメラでは1枚の写真は最高画質で5~6MBのファイル容量になります。
もちろん、圧縮率をあげて、小さく小さく圧縮すると(標準画質等)画像は粗くなりますが、1枚のファイル容量は小さいため、たくさん写真を撮れます。
画像ファイルの大きさは、画像を右クリックしてプロパティをクリックすればわかります。
それにしても、5MBもあると、フロッピーディスクは1.44MBですから、1枚の写真だってフロッピーにはおさまらないことになります。
CDだと1枚700MBですから写真約120枚程度、DVDだと1枚4.7GB(4700MB)ですから写真約940枚程度焼ける(保存できる)ことになります。
余談ですが、写真のきれいさは画素数とファイル容量だけで決まるものではありません。
明るさを決めるレンズの大きさも問題となります。
高価な1眼レフの大口径のレンズを使って写せば美しい写真ができるのは当然です。
(187)
 

日付とシリアル値

 投稿者:館主  投稿日:2013年 8月22日(木)07時58分23秒
返信・引用
  前回の「日付のあるセルの行全部に色を付ける」という問題の答に付けたし分を書きます。
この問題で「日付(○月△日)のあるセルの行だけ色をつけ、この列にある他のデータ(数字)の行には色をつけない」という問題に変更すれば、これはVBAを使わないかぎり、超難問だと思います。
(もっとも、today関数を使い、日付は日付でも、本日の分だけでいいというのなら超簡単ですが)

本題に戻って、「日付の○月△日とある分だけすべて選べば簡単じゃないか!DATE関数でも使えばどう?」という方もおられるかも知れません。
けれども、日付とはそもそも何かということを知っていただく必要があるかと思います。
例えば、エクセルで「8/21」と入力したとすると、エンターキーを押すと「8月21日」と表示されます。
これはエクセルが / つきの数字が入力されたら、その年の月日だと認識して、自動的にシリアル値を計算することになっています。
シリアル値とは、1900年1月1日を1と数え、セルで指定されたその年の年月日までの経過日数を表したものです。
2013年8月21日ならシリアル値は41507となります。
逆にシリアル値が100というのは1900年4月9日を表すことになります。
エクセルは、このシリアル値を計算したあと、書式として○月△日とか~年~月~日というふうに日本語風に表しているだけにすぎないのですね。(だから、書式のクリアをすればシリアル値がでてきますよ。)
だから、日付のあるセルの中身(実体)は、単なる非常に個別的な何桁かの数字なのです。
条件付き書式で数式を記入するとき、「○月△日」というような日付の書式を数式として記入してもエクセルは数式として認識しません。
かといって、実体であるシリアル値をなんらかの方法でいれても、ほとんどの番号(値)はすべて異なるわけですから、共通して、「シリアル値のところだけ色を変える」というのはできないと思います。
「いろんな数字があって、何らかの数字だけ選べ」といわれても、それが、偶数とか、奇数とか規則性のあるものとか、見分けのつく種類のものならできても、手掛かり基準がないわけですから、選びようがないわけですね。
唯一可能性のあるのは、(日付という)書式の入っているセルだけを識別する方法を独自に編み出して、関数化(数式化)することでしょうね。
(today関数は「今日」とか「今日から3日前」などいう特別な数ー選ぶ基準がある決まった数ーを探し出しますので、シリアル値を計算していますが、もちろん簡単に条件付き書式でつかえます。)
長々と下手な説明を繰り返しましたが、ひょっとしてエクセル条件付き書式で「日付だってできたぞ!」という方がおられるかと思います。
その方からの連絡を待っています。よろしくお願いします。楽しみにしていますよ。
(178)
 

地デジCPRM

 投稿者:館主  投稿日:2013年 8月16日(金)13時07分25秒
返信・引用
  地デジをDVDレコーダーやBD(ブルーレイ)レコーダーで録画して、DVDやBDに焼いて、後から楽しんでおられる方は多いと思います。
最近はテレビにHD(ハードディスク)をUSB接続して、これに保存して楽しむだけで、DVDなどのメディアには保存しない方が増えています。
HDの容量によってはハイビジョンを500時間分も保存できるものがあるようで、これでも十分なんでしょうね。

ただ、ハイビジョン画像をパソコンに取り込み、その美しい画像をプリントアウトしようとすると、とたん、超えなければならないハードルがたくさんでてきます。

それで、このやり方を普通のウィンドウズ7を持っておられる方対象に説明してみます。
まず、地デジには著作権保護のため、CPRMというプロテクトがかかっています。
だから、普通の家庭用レコーダーもこのCPRMに対応しているレコーダーでないと録画や再生はできません。
もちろんDVDメディアもデーター用でなく地デジ録画用(CPRM対応と書いてある)でないとだめです。
パソコンについているDVDドライブは、ウィンドウズ7でもCPRMに対応しているのは少ないです。
私の場合もわざわざCPRM対応の外付けのDVDドライブを日本橋のジョーシンテクノランドで5千円ほどで買いました。
次にパソコンで地デジを見るためのチューナーを買わなければなりません。(もともとパソコンで地デジを見ることのできる高価な機種を持っている方は別です。たぶんその方はDVD(BD)ドライブもcprmに対応してるでしょう)
私は、バッファロー製で「地デジ・ワンセグ用」と書いてあるものを、日本橋テクノランドで1万円弱で買いました。
このチューナーはUSBメモリーくらいの大きさ(5cm×1cm位)で、接続もUSBの穴に入れるだけです。
ただし、パソコンのメモリーが2ギガバイト、CPUが1.5ギガヘルツ位以上ないと難しいとありました。
でも、普通のウィンドウズ7のパソコンであれば、大概それ位のスペックは持っているでしょう。
さて、あと一つ必要なのは、DVD画像を取り込む(画面キャプチャーする)ためのソフト「パワーDVD(地デジ対応)」(DVDを再生するソフト)です。
私の場合は外付けDVDドライブを買った時に付録としてついていましたので実質無料でした。
このソフトはXP用VISTA用と持っていたのですが7用がなかったので困っていたところでした。
さて、チューナーとパワーDVDのソフトをインストールすれば、あとは接続して画面を印刷できます。
もちろんアンテナは家庭用の屋根等に設置されているアンテナから分配したものでないとだめですよ。(これはどんな高価なパソコンも同じです・・・・室内アンテナ等では、場所にもよりますが、いくら増幅してもまず無理でしょう。)
①パソコンとチューナーを接続して地デジ番組を見ている状態にします。
②チューナーに付いている録画機能で録画します。(⇒終われば停止)
③10枚までDVDに焼けますので(ダビング10)、外付けcprm対応DVDドライブをUSB接続し、地デジ録画用DVDメディアを入れ、チューナーに付いているダビング機能でDVDに焼く。
④この録画済みDVDを外付けcprm対応DVDドライブに入れ、パワーDVDで再生する。
⑤パワーDVDの画面キャプチャー機能で美しい画面を静止画像として取り込む
⑥プリンターで印刷品質を「最高画質(きれい)」にし、紙は光沢紙(フォト)を使うと最高のできあがりとなります。
(177)






 

ワードの行間設定

 投稿者:館主  投稿日:2013年 8月15日(木)13時19分55秒
返信・引用
  ワードでテキストボックスや吹き出しなどを作成した時、行間が広いので文章が収まらない時があって困る時があります。
そんな時、行間設定を狭くする必要があるのですが、そのしくみがよくわからないという人が多いようですので、ここで説明します。
もちろん、ワードで普通の文章を作成する時も同じやりかたです。
・行間のサイズを設定しなおしたい文章部分をドラッグして選択します。⇒
・右クリック(か段落)⇒段落⇒インデントと行間隔⇒行間を「1行」から「固定値」に変更⇒
    ※固定値に変更するとその右にある「間隔」は最初常に12ptとなっています。
     この12ptを変更するのですが、この12ptという部分を単に「行と行の間」を表
     していると理解すると、わけがわからなくなりますよ。
     ここの数字は元のフォントサイズに「行と行の間」サイズをプラスされた数字が
     入ります。
      例えば元の文章のフォントサイズが11ptで、「行と行の間」を1ptにしたけれ
     ば12ptにするわけです。
     もしも、11ptにするとなると、「行と行の間」は0になりギチギチいっぱいのつ
     まった文章となります。それ以下だと文字が重なってしまうことになります。
     別の言い方をすれば、ワードの通常のフォントは10.5ptですから、ここを11に
     すればその差0.5ptが行と行の間の広さとなります。これだととても狭いですよね。
     また、大きな24ptの文字を使っていたなら、ここを26にしてもその差2ptしか間が
     ありません。大きく間をとるなら30とか36ptにすればよいのですね。
(175)  
 

ワードエクセルでリボンが毎回消える

 投稿者:館主  投稿日:2013年 7月14日(日)18時08分2秒
返信・引用
  オフィスは2007に変わって以来リボン形式になりましたが、そのリボンがツールを使うたびに消えてしまうことがあるので、毎回出すのが面倒くさいという相談がありました。(2010でも2013でも)
リボンはタブをダブルクリックして、出したり消したりしますね。
画面を広く使いたいときはリボンを非表示にして、ツールを使う時のみタブをダブルクリックしてリボンを表示したらよいのですが、よくリボンのタブでツールを使う時はリボンを常時表示しとけばいいですね。
クイックアクセスツールバー(画面左最上段)にボタンを作っとけばどちらでもつかえます。

・ファアイル⇒オプション⇒クイックアクセスツールバー⇒コマンドの選択で「リボンにないコマンド」⇒リボンの最小化⇒画面中央にある「追加」ボタンをクリック⇒OK
・ホーム画面に戻ってクイックアクセスツールバーに「リボンの最小化」ボタンができているのでクリックして解除(色を消す)・・Ctrlキー+F1キーでも可
これでOKです。
(166)
 

パソコンの電源が突然落ちてしまった場合

 投稿者:館主  投稿日:2013年 7月14日(日)16時49分28秒
返信・引用
  以前、DELLのパソコンを使っておられる方から相談を受けたことがあります。
デルのロゴマークがでたままパソコンがフリーズして、そのまま動かなくなるというものです。
当時ネットで調べると、電源ボタンから静電気を放電させる方法がよいとありましたので、お知らせしました。
やってみると、簡単になおったと報告してくれましたので、よく記憶しています。
今回は、NECのパソコンで、ネットをしている最中に突然、電源も何もかも消えてしまったということでした。
そこで、まず、定番のバッテリーを外してACアダプターで起動してもらいました。
すると、画面が一瞬でるもののすぐ消えるが、パイロットランプは2つ点灯しだした、ということでした。
そこで、下に書いたようなデルでやったことをしてもらったら、無事復活したということです。
①電源を切る
②ACアダプター等プラグ、コンセント類をすべてはずす。
③バッテリーをはずす。
④電源ボタンを強めに10回程度押して溜まった静電気を放電する。
⑤バッテリー等外したものをすべて元へ戻して電源を入れる。
これでOKです。
(166)
 

レンタル掲示板
/2