teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:4/14 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

良書紹介

 投稿者:管理人  投稿日:2011年 8月 2日(火)19時48分23秒
  通報 返信・引用
  この度、尖閣諸島文献資料編纂会により「尖閣研究」が出されました。
「尖閣研究」は2007年、2010年に続いての第3号となります。
今回は本の大きさがA-5サイズと小さくなり、
中身も多彩で尖閣問題に注目している人間なら
誰でも興味を持って読んでもらえる内容であり、
是非とも皆さんに読んで頂きたい一冊であります。


ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

「尖閣研究」
値段 1200円
発行:尖閣諸島文献資料編纂会
住所:住所沖縄県那覇市大道40番地
FAX :098-884-1958

ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ


◎目次は以下の通りです。

尖閣諸島周辺略図

Ⅰ章 尖閣諸島の自然と生物相
 1.自然と生物相の概要………………………………………………1
   各論 ①魚釣島 ②北小島 ③南小島
   ④黄尾島 ⑤赤尾島
   尖閣諸島の生物相の特徴

 2.魚釣島のヤギ食害と植生被害…………………………………30
   2-1.問題点と課題
 3.南北小島のアホウドリ……………………………………………44
   3-1.問題点と課題

Ⅱ章 尖閣諸島の学術調査の歴史と成果

 1.学術調査の概要………………………………………………………53
   学術調査の概略史
   主な学術調査の概要

 2.問題点と課題……………………………………………………………67
   学術調査の再開、実施について
   調査研究成果の社会への還元について
   採集標本・写真画像資料の収集・整理・保管について

Ⅲ章 戦前期沖縄の新聞に見る尖閣諸島および
   古賀辰四郎について…………………………………………………77

Ⅳ章 尖閣諸島海域における漁業の概要
 1.戦後の概要
   終戦~復帰………………………………………………………………131
   復帰後~現在……………………………………………………………151

2.問題点と課題………………………………………………………………182
  尖閣漁業の基本資料の整備について
  尖閣漁業の振興について

Ⅴ章 尖閣諸島に関わる情報資源の活用
 1.先島3市町への聞き取り調査
   郷土教育への活用について………………………………………………195
   観光振興への活用について………………………………………………206
   産業(漁業)振興について………………………………………………216

Ⅵ章 施策樹立へ向けて 一試案提言と事例紹介他-
 1.総合利用推進のためのシステム試案…………………………………227
 2.石垣市の「尖閣諸島開拓の歴史と自然展」に
   ついて………………………………………………………………………182
 3.尖閣諸島写真画像資料の収集・整理・刊行事業に
   ついて………………………………………………………………………182
 4.図解:戦後における尖閣諸島南小島周辺での
   鰹節製造……………………………………………………………………182
5.新技術による尖閣諸島における避難港の建設……………………………269






◎はしがき

 研究目的と研究概要

 沖縄県と尖閣諸島との関わりは120年余の歴史を有し、
古賀氏による開拓、沖縄漁民による漁場開発利用、学術調
査団による島の自然・生物相の解明、等々なされ、大きな
成果が積み上げられている。尖閣諸島に関わる斯かる歴
史的体験、知見、研究成果は、貴重な情報資源である。
 本研究の目的は、これら情報資源を、本県の地域振興、
将来施策に活用すると共に、尖閣諸島の総合利用開発を
推進する方策樹立に資することにある。
 該目的に基づき、Ⅰ章は「尖閣諸島の自然と生物相」の
特性を述べ、魚釣島のヤギ食害とアホウドリの2点につい
て、現状の問題点と解決への課題を提起した。
 Ⅱ章は、「尖閣諸島の学術調査の歴史と成果」について
1979年以降、総合学術調査が中断したままであり、斯かる
学術調査再開、さらに過去の学術調査の研究成果の社会
への還元、等々の問題点と課題を言及した。
 Ⅲ章は、尖閣諸島の開拓の歴史に関わる「戦前期沖縄の
新聞に見る尖閣諸島および古賀辰四郎」から、戦前沖縄に
おける尖閣諸島及び同島開拓者古賀氏の具体像を浮き
彫りにし、本県との歴史的関わりの一端を概観した。
 Ⅳ章は、「尖閣諸島海域における漁業の概要」について、
1終戦、2復帰後~現在の尖閣漁業のあらましを述べ、
現在衰頽している間題点と課題を提起した。
 Ⅰ~Ⅳ章に盛られている内容は貴重な情報資源である。
 Ⅴ章は、「尖閣諸島に問わる情報資源の活用」として先島
3市町関係者に対し、①教育、②観光、③漁業(産業)振興へ
の活用について聞き取り調査し、調査結果をとりまとめた。
 尖閣諸島に関してはこれまで国が主体だった。今後は、
真に本県の振興に資するには、地元沖縄県が率先して、
尖閣諸島について総合利用の基本計画を策定し、主導・
推進していく必要がある。斯かる観点から、Ⅵ章の「施策樹
立に向けて─試案提言と事例紹介他」では、「1.総合利
用開発推進のためのシステム試案、2.石垣市の『尖閣諸島
開拓の歴史と自然展』、3.尖閣諸島写真画像資料の収集・
整理・刊行事業について、4.図解:戦前における尖閣諸
島南小島周辺での鰹節製造、5.新技術による尖閣諸島に
おける避難港の建設」を紹介した。



◎表紙の写真の説明文

表紙写真
1979年 沖縄開発庁による尖閣諸島総合調査
旧古賀村跡に設営された魚釣島ベースキャンプ
手前に見えるのは明治期に開鑿された掘割(船着場)
              (新納義馬 1979.5)

 
 
》記事一覧表示

新着順:4/14 《前のページ | 次のページ》
/14